スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月19日のココロ日記(BlogPet)

黄魔術士さんは三度の飯より封印が好きだと思うんです。ココロの思い過ごしですか?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

ニンテンドーDS「おんたま」

おんたま♪おんぷ島へんおんたま♪おんぷ島へん
(2007/06/07)
Nintendo DS

商品詳細を見る

公式ページ(色々見れます)

音ゲーはなんだかんだでbeatmaniaIIDX略して「にでら」が一番すき&やりこんでるんですが、
マイナー音ゲーも大好きです。
モグラッパーとかどこかに置いてないですかねー?
今ならHOUSEの延長ステージクリアできるはず。
あと一度でいいからEZ2DJやってみたい。

で、意外と音ゲー豊富なDSから、多分音ゲー界一マイナーな「おんたま」の紹介だよ。

発売・開発はノイズファクトリー。
音ゲーなのにノイズファクトリーとかどうかと。
とか社名に文句を言ってもしょうがないですが、
豪血寺一族-闘婚-を作った会社のようですね。
豪血寺といえばレッツゴー陰陽師ですが(なんでそんなことになったんだか)、
しっかりと収録されてますよ。
というか一番の売りらしく、公式サイトやメーカー販促にもアピールされてます。
HARDモードクリアしないと出てこない隠しコマンドで封印されてますが!

HARDクリアは苦行の道なんで、コマンドネタバレします。ランダムセレクトでXボタン。
Yボタンでもう一個隠し曲。元ネタ不明。
HARDクリアがフラグになってたらごめんね。頑張れとしか言えない。

ググっても攻略ページがまるでHITしないマイナーゲーですが、
いやいやどうしてなかなか。しっかりと作りこまれた良ゲーっすよ。
曲は全18曲で、ほぼ全部オリジナル曲。
曲数は少なめに感じるかもしれませんが、クオリティがやたら高いです。
beatmaniaで言えばgood-coolが好きな人にはぐっと来るんじゃないかなー。

ファンク+ポップなステージ1「ちょビートマイペース」
バキバキでコアなギターがうなるステージ4「ほうかごのクラブかつどう」
高速テクノ風味ステージ5「ナチュラルメタボリックデス」
どことなく「ふたりのもじぴったん」を想起させるOP曲(隠し曲3)「おんたまげった!」
泣きストリングスの入りがやばいピアノ+ブレイクビーツなED曲(隠し曲4)「あんなひと、こんなひと」
そして説明不要!成仏しろよ!「レッツゴー!陰陽師」
この辺りがスマッシュヒット。曲名はどれもアレだけど、意外とハードなものが多いです。
まあもちろん個人的嗜好なんで聞き流しておk。でも公式ページTOPのムービーで流れるOP曲は聴いてみる価値はあるよ。

曲はまあそんな感じ。
同じくマイナー音ゲーピンキーストリートキラキラミュージックアワーも妙にクオリティ高いオリジナル曲がそろってますが、全体的にはこっちの方が上かな。最高点ではピンキーの「ドット勇者'87」に勝てる曲はないけどね。

11分30秒くらいが「ドット勇者'87」です。なんだこの異様なクオリティは。

そしておんたまの動画探したけど1個しか見つからないとか。何このマイナーゲー。

で、ゲームの中身。
ほかの音ゲーと決定的に違うところは、音符をタッチ、もしくはまとめてラインでくくってからボタンを押すという、2つの手順が必要なところ(イージーモードはタッチ不要)。
ボタンはタイミング(リズム)を取る必要あるけどタッチは順番もリズムも関係なし。だけど一定時間で消えちゃうので結局は出た順に消していくのが正解。
譜面先読み能力が試される辺り「テクニクビート」に近いパズル性も持ち合わせてますね。最近の例だと「jubeat」っぽいかな。B4で絶賛放置中だぜ六本木。

この2つの手順が必要と言うのが特徴であり、難しさの要因ですね。
単純にボタンを押すだけでもそれなりの忙しさが求められるのに、
まずは画面上の音符を消さなきゃいけないと。
あとハードモードでは同時押しも出てきて殺す気満点です。
右手でペンを持ってるのに方向キー+ボタン同時押しとか無茶させるなー。

しかし慣れると(譜面を覚えると)同色音符をサークルでまとめて消し、点数に倍率を掛けるといったテクニックも使えるようになり、快感でございます。
ただやっぱり音符を消すのがリズムを取る妨げになり、このイライラ感を乗り越えるのにはそれなりのやりこみが必要になっちゃうのはネックかなーと思うんだ。

あと、6面「ポコ ザ ノー ティーピーオー」に大きな壁があるんです。
ロングノート地獄。
いわゆるボタン押しっぱなんだけど、キーボードマニアのように、離すところで離さないとMISSになってしまうのです。

まず音符を一定量(というか画面に出てくるもの全て)消して、ロングノートを使用可能にする。
タイミングよくボタンを押す。
タイミングよくボタンを離す。
この間にも音符は次々と出てくる。
わー消しそびれた。
わー離しそこねた。
ゲームオーバー。

これは誰もが通る道ですね。
しかも特にこの6面のロングノートは中途半端な長さと出現位置がいやらしすぎます。
攻略としては離すタイミングは見ず、押しっぱなしにする時間を指に叩き込ませることが肝要かと思われますよ。
絶対ロングノートの終わりは判定キツイ気がする。気のせいだろうけど。

これも慣れるとロングノートは得点ががっぽり入るんで(基本サークルで消すのと、離す時も得点が入るので)気持ち良くなるんですがね。やっぱりそこまでの域に達するまでは結構やりこまないといけない辺りが……。んー、万人にはオススメできないゆえんだ。

既存の音ゲーがぬるく感じたらどうぞ。
歯ごたえと乗り越えた先の快感は保障しますよ。
あとセンセイ萌え。

はてさて、サブタイトルに「おんぷ島へん」とかありますが
続編は……出ないだろうなあ……。

攻略サイトもファンサイトもできそうに無いので作られたまとめページ

ちょw知らない隠し要素あった!
あとセンセイに萌えるの禁止されてた!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。