スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

danmaq「東方夢終劇」

東方地霊殿のノーマルが未だクリア出来ません。
にとりシールド張っては割れ張っては割れで
5面でジリ貧、ラスボスに圧殺されるって感じ。

まあパルスィが可愛いから地霊殿は名作。

それとはあまり関係ないのですが、つい買ってしまいました。
logo_20081105131838.jpg
公式ページ

「東方夢終劇」とうほうむついげき、と読むようです。
本家東方シリーズとは無関係ないわゆる二次創作。
東方二次創作で純粋にSTGってなんで少ないのだろう。

サークル名「danmaq」はまさかとは思ったけど
本当にTaQリスペクトらしい。
ずんでけずんでけずんでけでけ←Holic

本家を踏襲した6ステージ構成ですが、
自機(なんと魔理沙のみ)タイプの選択により
1~3ステージは4通りに分岐。
都合本編だけで15ステージという超絶ボリュームです。
もちろんEXステージ、あとはファンタズムステージもあるらしいです。ひい。

んで、二次創作の醍醐味とも言えるはっちゃけっぷりは壮観。
分岐する3ステージはそれぞれ紅魔郷・永夜抄・花映塚・旧作が割り当てられ、
序盤から本家ではラスボス・隠しボスにあたるキャラが惜しみなく登場。
初プレイ時いきなり妹様が1面中ボスで出てきた時は大爆笑しました。
怒首領蜂IIかよ!
4ステージ以降は妖々夢がメイン。熱い展開が待ってます。
しかし妖夢はかわいいなあ。本作ではあまり出番ないけど。

コンセプトが「本家ではタブーとされている弾幕パターンとストーリーに挑戦」
とのことで、初見殺しが多いのかと危惧していましたが、
少なくともノーマルまでは常識的範囲でした。ハード以上はわからん。
むしろ何が「タブーとされている弾幕」なんだろう。高速弾とか?

で、ストーリー。

霊夢が突然どっか行ったので探しにいくぜ。うふふ。
途中でみんなと会うのでお約束の弾幕ごっこだぜ。
あれ、何かみんなよそよそしい態度だね。←射命丸の態度が特にひどい。ファンは注意。
え?霊夢が死んだ?
よーし、白玉楼に行こう。しかし妖夢はかわいいなあ。
ちょ、幽々子さま、何言ってるの?
涙の最終決戦だ!

言わば「僕の考えた東方最終回」的な感じで、
なるほどアンチが湧きそうな気配でした。
これは確かに「タブーとされているストーリー」ですね。

でもキャラクターは(ラスボス以外)大幅に崩されているわけでもなく、
うまくまとまっているとは思います。幽々子さまの衝撃の告白以降が急展開すぎるので
前半ステージの会話でもっと伏線張るべきだったかもしらんけど。
や、タイトルで十分な伏線か。

BGMは本家のアレンジがメイン。
各キャラ対応の曲はわざと使わず、ちょっとずらしている模様。
最終ステージのBGMは、もう、ずるい。
涙で弾幕が見えなくなるぜ。

ぶっちゃけ正直、期待はしてなかったんですが
本家と同レベルの完成度はありました。
難易度もノーマルまでは本家と同等くらいで遊びやすいです。
幻想郷に幻想を抱いているキモオタでないなら買って損なし、ぜひどうぞ。

あ、東方シリーズ未体験の人にはオススメできないのは当たり前
……って、書こうと思ったけど、いやいや、花映塚までのオールスター登場してるので
これやってから本家やるのも悪くない……のかも?

アンチのせいか二次創作としての知名度は異様に低いようですが、
まさにもっと評価されるべき作品です。
完成度は折り紙つけますので、
「全ての東方ファンに」とは言えないけど、やってみてほしいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。