スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はうすらいむ」はもじぴったんにおける俺の必殺ワード

はう+はうす+うす+うすら+うすらい(薄氷)+すら+すらいむ+らい+らいむ+いむ
で10連鎖!
いや、実際には起動する文字は一文字なので7連鎖くらいですが。
連日寒い日が続きますがもう3月号。ロリコンにも春の訪れです。
LO (エルオー) 2012年 03月号 [雑誌]LO (エルオー) 2012年 03月号 [雑誌]
(2012/01/21)
不明

商品詳細を見る

表紙…たかみち
コミック…上田裕/東山翔/MOLOKONOMI/鬼束直/月吉ヒロキ/Noise/大塚麗夏/冬野みかん/みさお。/おおたたけし/彦馬ヒロユキ/姫野蜜柑/あわじひめじ/おおぬまひろし/うさくん

ですってよ。
茶道ism単行本はよ。

以下近況。
もうお正月とっくに過ぎているのに(うん?正月って一月いっぱい?)色々ゲームにハマりすぎです。
前記事のカードコマンダーをはじめとして、
無双OROCHI2とかペグルとか、スマホ手に入れたのでグルーヴコースターとか虫姫さまとかモバゲーのアイドルマスターとか……。
モゲマスは記事化したいのだが画像をキャプるのが面倒くさい。でも文字と数字だけで興奮できる人には超絶オススメです。
一番近いゲームはぎゃるゲッチュウもしくはeratohoです。
eratohoについてはリンクは貼らないので各自探してください。
何を言ってるのかよくわからねーかもしれないがやってみればわかるさ。
おにいちゃんきょうのゆうはんはおにくだよ!

フリーブラウザゲーム「カードコマンダー」

あけましておめでとうございます。
今年もよロリくお願いします。

元日早々マグニチュード7とかなんだかなんだかな幕開けとなっておりますが、私は何をしていたかというと、
10時間ぶっ続けでフリーゲームやってました。
一年の計は元日に……あり……?
楽天家の自分もさすがにこれでいいのかとちょっと自問自答連れ回しああああああああああああああ。

でも本能的に触れちゃって止めることができなかったそれだけ素晴らしいゲームなのです。
そんなゲームがこのカードコマンダー!

こちらからプレイ可能


ブラウザゲーですのでダウンロード不要ですし、もちろん途中でやめても再アクセスすれば続きが遊べます。

知ったきっかけは個人的にかなり信頼しているゲームなどなど批評サイト「ゲーム考察するよ!」さんのレビュー記事。
まさに的確すぎるレビューですのでこれを読んでいただければそれ以上何も語る必要はないような気もしますが語らせてください。

シンプルなゲーム性とありますが、うん、確かにシステム自体はシンプル。
1ターンにカードは1枚しか使えないし、クリーチャー同士のバトルもタイマン勝負。

ですが、カードの効果がどれも奇想天外摩訶不思議!
onnnakaizoku.jpg
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
俺はおもむろに相手のデッキから3枚ドローして手札に加えていた。
あまつさえ使ったカードはそのまま自分の墓地に入っていった……。
何を言っているのか(以下略)
ちなみにこのカード、色マナという概念が無いこのゲームでは普通に強いです。
(デッキ構築の際に二色までという制限があるだけなので、色を参照するカードを使わない限りは単色で組むメリット、というか二色にするデメリットはないのだ!)

普通こういうネタカードはコストが馬鹿高かったりするんですが、
sinkaigyo.jpg
何実用的なコストにしてるんですか。

今挙げた例は極端ですが複雑な効果を持つカードが本当に多い!
そしてそれらを組み合わせることでコンボを組み上げるのがトレーディングカードゲームの醍醐味なのは言うまでもありません。いや、このゲームなにもトレーディングしないですが。

いつごろから公開されていたのかは知りませんが、オンライン対戦は当然のようにガチデッキが跳梁跋扈しとりますので、まずはCPU戦でカードを集めないとね。
cputueeeeeee_20120102031506.jpg
ちょwww 待てwww 3ターン目で5/2先制とかwww 止めらんねえwww

と、CPUもかなりガチなデッキやコンボを使ってくるので気が抜けません。
むしろCPUから様々なコンボを学べると思われます。

自分のお気に入りの一枚はこれ。
jigokutyo.jpg
1コストにして墓地潤沢・カードサーチ・コスト相応の戦力と3つの役割を果たしてくれる優れモノ。
デッキから任意のカードを引っ張ってくるという能力がどれほど強いかはTCGやっている方ならご承知でしょうが、
キーカードを複数積みする必要がなくなる=それだけ1つのデッキの中での手数を増やせる
ということ。
代償は全手札と一見重そうですが、1ターンに1枚しかカードを使えないこのゲームでは実はそれほどのデメリットでもなかったりします。
power9!.jpg
カードドローも他のTCGに比べると破格のコストで出来るのだ。

もちろん潤った墓地も色々活用するわけで。
yuurei.jpganubis.jpg
hakamori.jpghakaara.jpg
初手地獄蝶からの幽霊2枚落としはそれだけでゲームを終わらせかねない破壊力。
……と、見せかけて速攻バーンにあっさりやられたりもするので面白い。


yuureiyasikide.jpg
これが現在使用中のメインデッキ「幽霊屋敷でクマごっこ」です。
デッキ名の元ネタが分かる人はお友達になりましょう。
(・(ェ)・)kamereom.jpg
ninja.jpgdemon.jpg
クマが幽霊を無限に食べたりデーモンが忍者ごっこをするデッキだよ。
弱いよ。
パターン入ると楽しいんだけどね……。いつもデーモンがステゴサウルスに食べられます。
sutego.jpg

コモンやレアと言った入手難易度の差は無し(たぶん)。
CPU戦でデッキ調整しているうちに必要なカードは揃うはず。
ただしいくつか特殊な入手方法のカードもあります。

長寿王:100回戦う
撃墜王:CPUを全員倒す
征服王:対CPUレーティング1751以上
蒐集王:カードコンプリート
青龍:CPU戦で相手のデッキが0枚時に勝利
朱雀:CPU戦で相手を5ターン以内に倒す
玄武:CPU戦で魔力20以上で勝利
白虎:CPU戦で相手の手札0枚時に勝利


syuusyuu.jpgふっふっふ。始めて12時間で全カードコンプリートしたぜ……。
(このエントリ書き始めた時は白虎(と蒐集王)だけ取れてなかった)


そしてこのゲームの最も神たる所以は「コメント機能」!
カードの評価コメントを投稿でき、その評価をほかのユーザーが評点してくれるのです!
coment.jpg
一見何に使うのか分からないカードでもこのコメント機能を覗いてみれば未知なる可能性に気づけたりしちゃいます。

そういうわけで、トレーディングカードゲームの醍醐味はやっぱりお気に入りのカードを見つけてそれを軸にデッキを組むこと!
非常にカードバランスが取れているのがこのカードコマンダーの魅力です。
どんなカードでも主力になれるだけのポテンシャルを秘めていると言っても過言ではないでしょう。
さあ、自分だけの嫁カードで勝利をその手に!





で、結局テキトーにゴブリン突っ込んだだけのデッキがめっちゃ強いのはなんとかならんのかね。
gobugobutositerintosita.jpg


追記:Wikiが何かすごい充実っぷりでした
すげー。市販ゲームでも普通はここまで深く考察されないぞ。
愛されゲームなんだねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。