スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーあ、ついにこの日が来たか……。

一日3本更新とか何俺このやる気。
この日が来たか、とは児ポ絡みではなく、

またしてもぷろとらどっとこむ様からのネタで恐縮ですが

● 【コナミ、「DJ MAX」発売元のPENTAVISION社を訴訟(ソースは韓国コナミ)】
(前略)
要するに、「オブジェが落ちてきて、それを叩く」という、例のコナミの技術商標が云々でアウト。
操作性は意外と良かったんですけどねえ。やっぱり見た目がそのまんまってのはマズかったんだろうか。
そのうち突っかかれるんじゃないかなー、とか思ったんですよ。案の定…って感じですね。だからあんまり長々とネタにはできなかったんだよなぁ。
アニメ的な仕事は明らかにこっちのほうが一枚も二枚も上手なんだけどな。自分も曲とムービー合わせてツボなものが結構あったり。
PSPにはレーティングが無いので、外国産のソフトでも日本で遊べてしまうのが特徴。海外ゲームソフト取扱店に駆け込む人も続出しそう?!

だってさ。
↓原文ソース↓
http://www.konami-korea.kr/announce/announce_081224.html
↓エキサイト翻訳↓
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.konami-korea.kr%2Fannounce%2Fannounce_081224.html&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_submit=+%E7%BF%BB+%E8%A8%B3+
何で今更……?
テクニカは特許に配慮してますが、それ以外は、まあ、まんまだしなあ。

ちなみにDJMAXは落ちてきたオブジェを叩くゲームではなく、
落ちてくるオブジェを受け止めるゲームです。
だから早押しは判定広く、遅押しは判定厳しめ。
まあ詭弁ですがね。


でもこのタイミングで、と言う事はDMP1・2の時は眼中に無かったけど
ここに来て(クラジクワイとブラックスクエアに)脅威を覚えた、ということかい。
確かに知名度は上がりすぎたのかもね。メッセサンオーでも驚くほど購入者いたし。

あえて暴言吐いちまうけど
だったらコナミはそれに負けないゲームを作れや。

VJとかステッピンとかギタージャムとかEZ2DJの時は
「まあ明らかにコナミ社製のゲームの方が質高いしね。パクリは死ね。」
と思っていたからなんとも思わなかったけど、
今回ばかりはペンタヴィジョンを応援したくなる。
DJMAXがbeatmaniaから消えていった色々な要素を掬い上げているだけに。
なんつーかタイミングが糞すぎるから腹立たしいのかな。
本当なんで今更?としか思えねえ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。