スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つじ要「論理少女」2巻

おっと、いつの間にか2巻出てました。
もはや論理のかけらもありゃしない天才っ娘萌え漫画!
論理少女 2 (2) (シリウスコミックス)論理少女 2 (2) (シリウスコミックス)
(2009/03/23)
つじ 要

商品詳細を見る

1巻のレビューはこちらから
まだブログ始めたてであっさり風味。

左脳(理系?)担当生徒会長いつきちゃんと右脳(文系?)担当主人公の若野君。
1巻では何か妙にフェアな悪役が繰り出す、そこそこスタンダードな論理パズル(若干反則気味)を解いていきましたが、
今回は7人の美少女を相手に、ゆるーいゲームの出し合いです。
いや一応優勝を目指すという目的はあるにはあるんですけど、
負けたら服を一枚ずつ脱ぐとかペンデュラムが1cmずつ降りてくるとか、そんな緊張感は何もなし。賭けられたのは己がプライド(と、期末テストの点数)のみ。ぶっちゃけどーでもいーですね。

このゆるゆるさが余計なことを考えさせず漫画内のゲームに没頭させる(登場人物の勝ち負けは気にせず、読者自身がゲームを解いていく)仕組みになっている、のは作者の計算では無いだろうなあ。でも少年漫画にありがちな無駄に命を賭けたアツイギャンブルとかに疲れた身にはこれで良いのかも知れない。って、これも少年漫画だけどさ。

前述の通り、7人も新キャラが出てきちゃうわけですが、ちゃんと7人それぞれ得意ジャンルという面で個性付けされている辺りが素晴らしい。まあ二人ほど風のヒューイや炎のシュレン並みの雑魚が出てしまうのは仕方ないよね!

ピュアでまじめで気の小さいミーナちゃん(得意ジャンル:数学パズル)が良いキャラ。いや、自分がピュアなまじめっ子好き数学パズル好きだからって理由ですが。
多分作者も論理パズルよりは数字いじりの方が好きなんだろうな。まさかのレギュラーキャラの座獲得で今後の活躍に期待です。

ではでは2巻に登場するパズル(……なのか?)のご紹介。

1.どっちのカメが先に池に落ちるか予想ゲーム
 よくある奴。ジョジョ3部のダービー兄が一番有名かな。
 もちろんオチも期待を裏切りません。どう見ても論理的ではありませんね。

2.あるなしクイズ
 懐かしいですね。どう見ても論理的ではありませんね。

3.箱の中身はなんじゃらほいゲーム
 地味に本単行本の中で最も上手いパズル。これは発想の飛躍を駆使した正統派な頭の体操だ。監修:多湖輝のクレジットが入っていてもおかしくない。
 すまん。褒めすぎた。とりあえず論理的ではない。紙上だからこそこの回答は納得できるけど、実際ならどうかねー。

4.暗算早解きゲーム
 数字いじり大好き少年悶絶請け合い。ブルーバックスとかの数学パズル本が大好きな少年だった方ならもう射精レベルな展開。
 うん、算数は数学よりも魔術的で美しい。楽しいのは断然数学のほうだけどね。
 本質は論理的ではあるものの、論理的な部分には踏み込んでないし、なによりオチが論理とかそういうものを超越してしまった彼岸の彼方なのでやっぱり論理的ではない。

5.逆なぞなぞ
 あー、あれだ。おかしくなり始めたマジカル頭脳パワー的な。
 わりと論理的……なのかもしれない。

6.素数作りゲーム
 2巻最大の山場。全ての伏線がここで回収される! のにどーでもよく見えてしまうのは見せ方の問題なのかゲームのルール自体が伏線回収ありきで作られているゆえか。
 はっきり言ってしまうと読者置いてきぼり。ふーん。って感じで終わってしまいました。
 うん。ゲームのルール自体がよろしくなかったなこれは。
 見せ方次第で面白くなりそうなネタなんだけどなあ、実に惜しい。
 ただし主人公の逆転の方法はなかなか良い。若干反則気味&強引&ちっとも論理的じゃないけど、ここは突っ込むのは野暮でしょう。ピースがカチリとはまる良いカタルシスです。
 すまん。やっぱりちょっと褒めすぎた。それほどでもない。

その他全体として各プレーヤーに配られたカードとゼッケンの相対関係の謎とか、巻末に覆面算とかがあります。。

1巻ではスタンダードな、パズル慣れしている人には面白みの無いものが多かったのに対し、2巻では主に解決法において結構ぶっ飛んでるものが多く、パズル的にも楽しめた巻となりました。
より多湖輝の頭の体操に近づいた感じ。発想の飛躍が重要となり、論理的傾向が薄れてきているというか。
すなわち理系的なルールのゲームを文系的解決法でねじ伏せるってのが多かったかな。1巻もルービックキューブや屋上脱出ゲームあたりそういう側面ありましたが、より色濃くなってるかも。
専攻は理系だけど根が文系人間な自分には大変おいしくいただけました。

だけどこの漫画の正しい読み方は、
次々に登場するちょっとずれた感じのある天才少女に萌える。
ってな感じなんだろうなやっぱり!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「論理思考の天然少女(腹黒風味)」 論理少女 1~2 つじ要

論理少女倫理よし。とは言うものの結構わがまま腹黒い。 つじ要氏のシリウス連載作「論理少女」の感想です。 東京からの転校生・若野祐(...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。