スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おりもとみまな「メイドいんジャパン」2巻

チャンピオンREDいちごの表の看板作品が「あきそら」ならば、
裏の看板作品はこやつです。
maid01.jpg

メイドいんジャパン 2 (チャンピオンREDコミックス)
↑男の子です。

すべてのおちんちんを持って生まれた男子へ。
銀河鉄道999に匹敵するほど男としての生き方を学べる漫画です。
いやマジで。

井上成美はメイド養成学校に通う男の子。
男であることがバレたらちんちんを切り落とされてしまいます。
男嫌い&メイド嫌いなお嬢様(理由は1巻参照)宇垣まとめ嬢の心を開かせ、
メイドとしての才能を開花させるまでが1巻のあらすじ。

2巻は超名作の山本六十四(ろくじゅうよん)初登場の回ではじまり
急展開のティン・コーベルの回で終わります。
そして3巻の1発目が冬季オチンピック開催になるのか!
もう駄目だこの漫画。早く何とかしないと。

だけどどうしようもないほど下らない下ネタの下には
何故か切なくて苦しいピュアなラブストーリーが。
各話ごとに見ていきましょう。

第7話「女装メイドの罪と罰」

突如登場した両性具有メイド山本六十四。実際に出てくるのはこの回だけなのですが、2巻全体での、もしかしたら物語全体での最重要キャラクターです。
ふたなりメイドと女装メイド。お互いの秘密を共有した二人は親密な中に。
maid04.jpg
背徳的……なの?
この六十四ちゃん。男としての強さと女としての優しさを持ち合わせたすっごく魅力的なキャラクターです。何たってかわいいし。
maid05.jpg
でも、六十四ちゃんにおちんちんがついていることが皆にバレちゃいます。
そして石打の刑を受ける六十四、かばう成美。
さあ、ここでまとめお嬢様の名言が登場だ!
maid02.jpg
ジーザス。神々しい。
おちんちんが嫌いな女子なんていないよねー。
maid03.jpg
一見、ちょwおまwwwと言いたくなるけど、
笑う所じゃないシーン。
ものすごく複雑な乙女心がぐるぐる回っての発言&行動なんだよね、これ。
いちご読んで初めて泣いたお話でした。
本当にこのエピソード大好き。

第8話「メイドが水着に着替えたら」

キャプテンハーロック的役割なまとめお嬢様のパパ。
成美に男としての生き方を導いてくれます。
maid06.jpg
そして竹ボウキの投擲だけで溺れている二人を助けられるスーパーメイド。
その目的は謎に包まれている――
maid07.jpg
しかし成美にはそんなパパをも超える4つ目の袋を持っていた!
そんなお話。

第9話「メイド+巫女=触手?」

お嬢様メイド学園に転入。
maid08.jpg
ここからは成美との関係がご主人様とメイドのものでありながらも、
対等な関係のものになるわけですね。

そしてショタ巫女登場。
maid09.jpg
↑男の子です。
男の乳首は描かれるけど女の乳首は描かれない妙なこのこだわり。

男なら戦え。愛するもののために。
maid10.jpg
そしてメイドならば護れ。ご主人様を。

第10話「転落の近衛文」


特に中身なし。
近衛先生の過去話。
おりもとみまならしく家畜娘。
maid11.jpg
異常だ。流石にこの世界にはついていけない。

第11話「恋の錯覚」


メイドとしての成長を遂げつつある成美。
だが母親によりバイアグラを飲まされひたすらに男の子になってしまう回。
maid12.jpg
思春期の男の子のおちんちんにはみんな宿っています。
maid13.jpg
いくらエロいことしか考えられなくなったからとは言え、これは無いw

色々あったけど、まさかの急展開!
maid14.jpg
さあ物語は佳境に入ってまいりました。
既に相思相愛でありながらも問題が山積み。
次巻以降は一個一個切り崩していかないと!
ものすごく困難な道のりだと思うけど、二人とも頑張って!

巻末のオマケ4コマ。
maid15.jpg
K先生は多分カイシンシ先生。
紳士だ……! でも、少年……誌? だったっけ、いちごって。
うん、気が向いたらRiNにルマちゃんの乳首を描いてください。


とにかくものすごく深い漫画です。
男の子は読んで強くなれ。
女の子は読んで男の子のことを知ると良い。

下らない下ネタばかりが注目されがちですが、毎話毎話話がしっかり進んで行きます。
隔月ペースだとつらいなあ。早いところいちごは月刊化すべきだと思う。
あとヨメイロちょいすはいちごに載っていてこそだと思う。
そしてえんじがかりは次載るかなー。

☆追記☆
公開してから「ちょっとななめからの読み方過ぎたかなー」と後悔していたのですが、
また別の側面からの読み方をパワーホライズンのニセモンブラン様が示していただきました。

パワーホライズン 超展開女装メイドギャグ メイドいんジャパン

読んだこと無い人がこちらとうちのブログを見たらどんな漫画なんだと混乱することうけあいな気が。
とりあえず狂気な漫画であることは分かると思います。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。