スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷山浩子の曲名とかから拝借しているほかまみつりの作品タイトルまとめ

ちょっとまとめてみたくなりました。
ほかまみつり限定にしなくてもいいかもしれませんでしたね。
結構谷山浩子好きの漫画家さんって多い気がする。
しかしほかま先生の拝借するセレクションは、なんか渋いのが多いな。

拝借した曲の紹介/漫画の中身紹介の順で書きますね。


シッポの気持ち

元ネタ……「しっぽのきもち」
「みんなのうた」にもなっていたのでそこそこ有名なはず。
スキという代わりにしっぽがゆれるの。
いつもあなたのそばにいます。あなたからは見えないかもしれないけれど。
そんな裏メッセージも感じられる可愛いけれど健気でちょっと切ない曲です。


仔猫を飼うの許してくれなくて家出してきた姪っ子のアナルにしっぽ入れる。
ネコ語で話すの忘れたおしおきにおちんちんも入れちゃうよ!



きみはタンポポ

元ネタ……「きみはたんぽぽ」
なんか宗教色漂う渋いアルバム「宇宙の子供」からまた渋い曲。
踏まれても顔を上げ、強くなれ、きみはぼくのたんぽぽ。
恋とか愛とか、そういう次元じゃない励ましソング、だと思ってたけど、
もうほかまみつりのこの作品のテーマソングにしか聞こえなくなっちゃったよ、どうしてくれる。
「好きだと告げることはできない。きみの気持ちはわかってるけど」とか「抱きしめることはたやすいけれど、誰も幸せになれないから」とか、もうね。


うん。「好きだと告げることはできない。きみの気持ちはわかってるけど」とか「抱きしめることはたやすいけれど、誰も幸せになれないから」とか、そういうお話。
マジ名作。読め。



ガラスに描いた星の地図

元ネタ……「カイの迷宮」
歌詞の中に出てくるフレーズそのまんま。「ガラスに描いた星の地図」。
ガラスに地図を描くことができるのは、暖かい家の中からだけなんだよね。
動いた星空は、本当にそこにある星空なんでしょうか。魔女に見せられている幻想じゃないのでしょうか。私の心に氷の破片は刺さっているのでしょうか。だって誰も信じられない。ぼくはやっぱり、ひとりなんでしょうか。
そんな悲しい歌。泣きたい時に聞く歌。

カイの迷宮については過去にそれなりに語ってるのでよろしければ見てみてね。

ちょっとエロ漫画としては珍しいアプローチな兄妹ものシリーズ。初期(3冊目まで)ほかまみつり総集編というべきか、普通に兄がロリコンでシスコンあることに疑問を抱いてしまうメタ・エロロリ漫画なあたりが実に面白いです。
いーじゃんエロ漫画なんだから、で片付けないあたりがこの頃のほかまみつり。
いーじゃんエロ漫画なんだから、で貫き通すのが4冊目以降のほかまみつり。
どっちも好きです。
最終話のオチは急展開ながらもすごくうまくまとめられてます。
何が(エロ漫画における)幸せなんだろう。倫理ってなんだ。
これはハッピーエンドなのかそうなのかなんなんだ。



おさかなはあみの中


元ネタ……おさかなはあみの中
渋すぎる曲チョイス来た。
かえれー↑かえれー↑かえれー↑
かえれー↓かえれー↓かえれー↑
というか元ネタの元ネタ(あまんきみこの童話)を知らないからよくわかんない。
よくわかんないけど最初っからお魚から網の中に飛び込むなんてラッキーだね! だね!
あとググったらBL漫画が出て来ました。有名なんかな。


ここからは4冊目以降のほかまみつり。
つまり何も考えないでおっぱいとぱんつを愛でるほかまみつり。
スク水エプロンロリ巨乳とか混ぜればいいってもんじゃないでしょう。何考えてるんですか本当に。
ふう……。
何でこの話にこのタイトルつけたのか意味分かりません。



水玉時間

不思議空間招待曲。歌詞カードが怖いよ。
○○○○
深読みすればするだけ怖くなるんで雰囲気だけ味わってふわふわするのが吉。
誰か色をつけて


金髪ロリータ初めてっ子とプールでスク水で。
それだけ。
ああ、4冊目以降のほかまみつりだ。
よいよい。エロロリ漫画はこうでなくては。
何でこの話にこのタイトルつけたのか意味分かりません。



※ちょっと拝借したかどうか微妙なもの

おうちへおいで~パジャマの日~
「森へおいで」+「パジャマの樹」?

ふたりのスケッチブック
「スケッチブック」って曲があるけど、まあ関係ないだろうなあ。

迷宮図書館~ラビュリントゥス~
谷山浩子のミュージカルみたいなもの「幻想図書館」の第一弾が「雪の女王」で、そのメインテーマソングが「カイの迷宮」。だけど、これは違う元ネタがある気もする。
あと「ガラスのラビリンス」って曲もあるけどこれは関係ないと思う。

ナオちゃんの憂鬱
「なおちゃん」という曲に「憂鬱は治りましたか?」という歌詞がある。
拝借したかどうかは微妙なラインか。

土曜日のおケイコ
土曜日の、といえば「土曜日のタマネギ」。きのした黎も拝借してましたね。
さすがに「土曜日の」までしか一致してないのでこじつけですが。


これ以外のタイトルも私の知らない元ネタありそうな感じ。

ところで相変わらず誤植だらけのLOバックナンバーのページ眺めてたら、
三浦靖冬「かくしんぼ」の文字を発見……!
なに、三浦靖冬も谷山浩子好きなのか?

東山翔のタイトルについても誰か同じようなことやってくれないかなあ。
時々見知ったタイトル出てきておおっと思うんだけど、ほとんどわかんない。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。