スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いさわのーり「あッ! りとるふらわ~」

稀代のアベレージヒッターの登場です。

あッ!りとるふらわ?(TENMAコミックスLO)あッ!りとるふらわ?(TENMAコミックスLO)
(2008/04/25)
いさわのーり

商品詳細を見る

いさわのーり作品の魅力は、もうそのゆるゆるさ。
ロリ漫画に背徳感は必要か、との質問に自信を持って「NO!」と言える方にオススメです。
不可侵である故に少女は美しい、という言葉には大いに納得しますが、
犯してはならないものを犯すから興奮する、という感覚は私は持ち合わせておりません。

犯してはならないものは犯しちゃいけないんです。
って、普段ロリコンロリコン言ってるどの口が言ってるんだか。ですよね。
げんなりです。この辺考えるといつもぐるぐる回って死にたくなるなあ。
伝わるかな。純粋に少女が好きなんですよ。好きだからすっぽんぽん見たいわけですよ、おっぱいちゅぱちゅぱしたいわけですよ、ちんこちゅぱちゅぱしてもらいたいわけですよ。
少女を征服したいとか、そんな気持ちも……無くも無いけど、決して力なきものを組み敷くのがロリものの魅力だ、とは言いたくないんだよね。
だけど泣き顔やおびえる顔がロリものの魅力だと言う事は認める中途半端な偽善者っぷり。
あと恥じらいは大事。無邪気な中にも恥じらいとか、鼻血噴きそう。

ようわからなくなってきたな。結局奇麗事かもしれないや。
ただ言える事は「背徳感」をテーマにしたロリ漫画は大抵が駄作な気がします。
すまん。言い過ぎた。個人的に好みじゃないだけ。
まあエロ漫画の感想に「個人的」と言う言葉はあまり使わない方がいいとは思ってるんだけど。
もっというと、エロ漫画の感想って、誰のために書いているのかよくわからない。

えーと、何が言いたかったかというと、いさわのーりの作品はそういう背徳感がまったく存在しない非常にふにゃーんとした世界なんですと言う話にしたかった。
それは所々で見える「ロリコンを容認する世界」ゆえなんじゃないかなと思われます。
娘とエッチな事しているのがバレても「責任取ってよね♥」で済ませるお母さんとかも出る始末w
分別ある方のみ入る事を許された桃源郷でございますな。帰って来れなくならないようにね。

このゆるさに身を任せ、垂れ目少女ときゃっきゃうふふしていただくのが正しい読み方。
なにもかんがえず、ゆーったりしましょう。

見よ、このゆるエロ!「マイりとるらばーズ」
isawa01.jpg

ゆるいなんてもんじゃない。あたまふにゃふにゃとろけるビョーキ作品「ナイショの観察日記」
isawa02.jpg

日焼けボーイッシュ胸チラはジャンプ強キック中足払い波動拳並みに基本かつ最強の3段攻撃だと思います「夏休みのオクリモノ」
isawa03.jpg

着衣がエロい?いやさ少女ならすっぽんぽんが一番エロい! 無邪気に最ロリ「あんず味」
isawa04.jpg

やさしいお姉ちゃんもやっぱりゆるい。「1人はお好き?」
isawa05.jpg

くるくる変わる少女とらぶらぶ。俺も居候してえ。「ボクは居候!」
isawa06.jpg
今回のエロ漫画紹介強化フェアは基本えっちいコマを貼る事心がけてみてるんだけど、この「ぽっこり」にはどのコマも勝てなかったぜ。

猫はにゃーにゃー。微妙に暗い、方向性模索中的二作目「放課後仔猫」
isawa07_20090911005725.jpg


方向性確定。元気で明るくらぶらぶえっち。みんな少女が大好きだ。「先生!保健体育の時間です」
isawa08.jpg

現在と絵柄がまるで違うのでびっくりなデビュー作「う・そ・つ・き♥」
isawa09.jpg


うん。色々あるけど、どれもいい具合にほにゃーっとさせてくれる。
ここ何作品かの紹介で主張させていただいた、ロリエロ漫画はファンタジーであること故に抜けるし萌えるんだ、ということ(そして行き過ぎると大変な事になるということ)。

ありえねえよ、そんなわけねえよ。
でも、いたらいいよねこんな少女。
あったらいいよねこんな世界。

そのバランスが非常に程よい具合でブレンドされているのがいさわのーり先生の作品なのです。
2冊目はもうちょっと後かな。楽しみです。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。