スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にびなも凸面体「ネコキノと雨の町」

いきなり新し目の本になりましたが、
狂った世界観と後半の超展開に圧倒されたので、
興奮冷めやらぬうちに紹介します。
ネコキノと雨の町 (富士美コミックス)ネコキノと雨の町 (富士美コミックス)
(2009/08/25)
にびなも凸面体

商品詳細を見る
一般的に言えばロリの部類に入るんでしょうが、
普段自分が紹介するような作品に比べれば全然ロリってません。
のは表紙を見ればわかるよね。
でもそんなの関係ねえや。面白くて可愛くてエロいんだもん!

梅雨が明けても雨が止まないこの町。
部屋の中にキノコを生えてるのを見つけた主人公。
それにさわると、ぱぱーん。ネコミミキノコ少女の登場です!
nekokino01.jpg

で、当然のことながら突然ですが今からあたしとすーぱーせっくすたーいむ!
になるわけです。ぱいぱんだけどちっぱいではない。
nekokino02.jpg

あとキノコ少女と言う事でそのかぶりものなのはかわいいけど、
ネコミミの意味は最後まで分かりませんでした
なんだかネコミミ=ナチュラルな狂気というイメージが結構あるような気がしてきます。
先日紹介したイヌコロリといい、あと巻田佳春先生とかさ。

nekokino03.jpg
決めは予想通りのこの台詞!

nekokino04.jpg
そして予想通りのこのオチ!

うん、奇抜な設定を上手く生かした可愛い作品でしたね!

で、説明し忘れましたが、このシリーズ、全9話と、エロ漫画にしては異様なほど長期シリーズです。
……え、これが9話も続いちゃうの?

続きます。

毎回新キノコだの大家さんだの後輩だの登場させつつ。
nekokino05.jpg
当然収拾がつかなくなります。

nekokino06.jpg
6話時点でこれ。もうわけわからん。

元から展開も意味不明な漫画ですので何だか良くわかんないけど可愛いキノコな女の子とえっちする漫画ですね、という感じで読むのに疲れてきました。
何か雨が止まないのはアマゴイダケが生えてるからだーみんなで抜きにいこー。おー。
みたいなストーリーが出てきてはいはい新キャラ出てくるのね。ロリキノコっ子はあんまり脱がないし、こりゃ駄作だなー。
と、ぱらぱら流し読みに切り替えてたら。

nekokino07.jpg
なんか、突然シリアスになりました。

nekokino08.jpg
は? はい? なにこの展開?

nekokino09.jpg
え……終わっちゃった……!

なんだこれ。面白え。

このまとめようとして何一つまとまっていない感が奇妙な読後感を残してくれました。
いや悪い意味じゃないよ。すごい不意打ち食らった感じ。

これで前半部分に伏線みたいなのあったら完璧だったんですが、結局収拾つかなくなって無理やりまとめちゃったってことなのかな。
でも結果おーらいで、もともとの超展開・謎設定作品にぴったりな終わり方になったんじゃないかね。

そもそもやっぱりエロ漫画で5話以上のシリーズって難しいのかな、とも思えました。
レビアたんは偉大だなー。
(5と言う数字に別に意味は無い。何となく)

いやはや、文字と一つのコマじゃ伝わりづらいかもしれないけど、
ハイテンションと言うわけでもなく、カオスと言うわけでもなく、馬鹿というわけでもなく、
でもなんかノリが妙なんですよね。
後半の超展開だけじゃなく、前半のひたすら新キャラ出てきてひたすらエッチするパートも何かがおかしい。
作者のやりたいことがずばーんと素材のまま投げつけられたというか、むしろ隠し味が隠れてないで暴走しちゃったのか。
どちらにせよキノコだけに妙な味のあるおかしな展開が面白かったです。
上手い事言ったつもりか。

nekokino10.jpgnekokino11.jpg
ロリっ子があんまり脱がないとか(↑こういうのがもっと多ければ良かったのに)色々不満はありますが、
何気なく買った一冊が思わぬ当たりで満足でした。
かなり筆の早い作者さんのようなので、今後に大期待であります。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。