スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茜新社「COMIC LO 12月号」

発売日です。
LO (エルオー) 2009年 12月号 [雑誌]LO (エルオー) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/10/21)
不明

商品詳細を見る
背表紙が微妙に設計ミスのような。自分のだけ?
掲載作家陣はこちら参照。コピるのめんどい。
今月はガビョ布先生、せきはん先生、いさわのーり先生と良いぷに具合ですね。
さっそく気になる作品紹介行きます。

オオカミうお「その日の園川さん」
珍しくおとなしい子、だけど珍しくなくアイドルな感じでカラー8ページ。
アイドルというかコスプレだけど。
いやっはあ男どもがいい感じにキモイですね(笑)。ウヘヘヘじゃねえよウヘヘヘじゃ(ぉ
単行本ももうすぐ発売。色んな液を溜めつつ全裸でスタンバイだ!

朝木貴行「妄想少女 最終話」
現実が妄想を上回ってしまった前回。
あとはひたすらパワフルにエッチなことをするだけです。
夢見る女の子は可愛いけど、夢をかなえたからってその魅力が消えるわけではない。
終わり方はまあ何だ。結局現実より妄想の方が気持ちいい(それが良い事かどうかは置いておくとして)と言う事でよろしいか。

クジラックス「がんばれ便所飯くん」
便所飯が理解できない自分は幸せな人生だったのだろうか。
だがクラスに溶け込むことってそんなに重要な事でもないんじゃね?と思う自分はきっと不幸せな人生だったんだろう。
しかし周りに人がいて、独りでご飯を食べる事の孤独感は理解出来るけど、何故便所なんだろう。他にも場所はあるだろうに。
自分は独りになりたい時は学校抜けて、寂れた個人経営のゲーセンでお弁当食べる日々を過ごしてました。
当然午後の授業はぶっちぎってガイアポリスとかダークシールとかやってました。
で、帰りの会と部活だけは出る。
今思えば豪快だな。もうそんなゲーセンないだろうね。
何の話だっけ。ああ、先にペーパー見るんじゃなかったって話だね!
相変わらず微妙に問題提起なストーリーとガチな実用度で攻める3作目でした。
乳首に尿道口は良いのう。
とりあえずオチが恋のスウィート海苔タルタル弁当じゃなくて本当に良かったです。

上田裕「どっちか選んで」
妹2人で萌えも2乗。
そして馬鹿展開微妙に復活。
お兄ちゃんのちんこを大きくさせた方が勝ち!→「どの状態をもって大きいとみなすかわかんないじゃない」→「これ後攻有利じゃないの?」
お前ら……本当に馬鹿可愛い妹だなあ!
エロ的には最近おっぱい分が足りなくて不満。可愛いんだけどね。

片桐火華「紅白大運動会-フレフレ!?白組編-」
頑張ってるなあ片桐先生。
先生を早く大量に射精させた者が勝者だ!
……これ先攻有利じゃないの?
小学校の運動会で勃起しない教師などいない!
……言い切っちゃったよ……。
最近の片桐先生の絵柄は丸っこくなって好みでございます。
次回の巨乳純情赤組編も期待です。

せきはん「とっかえっコ」
せきはん先生も最近頑張りすぎです。
もにゅみにゅはふほふまぁるいおとこのことおんなのこ。おとこのこはおとこの娘。
ショタとか、トランスセクシャルっていうの?こういうの、な属性は持ち合わせておりませんが、なんかおちんちんに萌えた。
新たな世界が開けましたよおめでとうありがとう。
で、ありながらもちゃんとメインが女の子の方であるところも素晴らしい。
ぷにょぱにょみにょもにょ出来ました。

いくさりゅうじ「少女グルー」
柔らか健康中学生。
良い膨らみかけ描く方ですよね。
この年齢層・このおっぱいで突き進んでもらいたいです。
スタンダードながらもオンリーワンな作者になるかも!

杉浦次郎「ドナドナ 第1話」
エクストリームドッジボールで幕を開けた久々のシリーズは、
当然のように押しかけ幼な妻ものだ!+多分南の方の方言。
○○さん→○○しゃんになるってことは北九州かね。
ひょっとしてイメージは山崎ハコ「織江の唄」かも。

方言萌えと、語尾に「にゃ」とか「りゅん」とか付けるのって、同じ理屈なのかな。

Noise「夏やすみ!」
もう10月ですがね。あとタイトルの法則性が最近わからなくなってきました。
そして、お帰りなさいませロリNoise!
そうそう、これくらいの頭身とこれくらいのおっぱいですよやっぱり。
でも何となく違和感を感じてしまうのは何故でしょう。口開けっ放しだからかな。

鬼束直「Papiliones」
久しぶりに帰ってきたと思ったらまたエロいもの投げつけてきやがって鬼束先生。
テーマはエロ。ひたすらにエロを追求しましたって感じ。
先月のMOLOKONOMI先生もそうだったのかな。
食べられた後でも蝶は美しいんだね。
エロはエロースのエロなんだけど、愛が無くてもそこにエロは存在するのかもしれない。
とにかくエロかったぜ!


姫野蜜柑「小さな八百屋さん」

エロロリ漫画と漫才の融合とかなにこれ新しすぎるんですけど。
キレありすぎるスピード感に加えてロリ漫画としてしっかりおいしい。
完成度高すぎます。
方言萌えはやっぱり「にゃ」とか「りゅん」とかとは違うね。
というのはこの作品に限った話か。これは大阪弁じゃないと成立しないし。

うさくん「マコちゃん絵日記」
ハシラのネタはこれだね。

あと1ページ目の多美ちゃんの服が何かレベル2くらい行ってるんですけど。


全体的に丸っこい子が多い号でしたね。むにむに。
今月もMVLは姫野蜜柑先生で決まり。
本当実力派だなあ。既に芸風が確立している。

意識してなかったけどブログが1周年ってことは
先月でちょうど1年分のレビューが終わったんだね。
1年前は雨がっぱ休載も長引き惰性で買ってる感じだったなあ。
そして来月は2010年1月号です。……2010年とか何の冗談だ。
と、1999年の時も思いました。ひい、あれからもう12年か。
当時の購読誌はポプリクラブでした。嶋尾和とか鈴木美蘭とかジェームズほたてとか。
友人は快楽天派だったのう。
↓なんか久々な過去号リンク↓
2008年12月号
1月号
2月号
3月号
4月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号
11月号
(ネタ)2007年10月号
感想リンクは何か毎月同じサイトになっちゃうので(探してないからだ)しばらくお休みしてたけど、
私事な仕事も修羅場は過ぎたのでちょっと探してみようかな。

※追記※
探してきた。
さあどうぞ。
LO12月号感想リンク

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。