スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茜新社「COMIC LO 3月号」

発売日……に間に合うか!?
間に合いませんでした。ムネン。
LO ( エルオー ) 2010年 03月号 [雑誌]LO ( エルオー ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/01/21)
不明

商品詳細を見る

すっぽんぽんですが先端部分は見えてないのでせふせふ。
掲載作はこちら参照。前島龍先生のはやっぱり誤植だったようです。

表紙をめくると久し振りの意見広告登場。
一瞬名言かと思いブログサブタイにしてしまいましたが、よく考えるとそうでもないので(あとでこれは某所に書こうかな。)また変えよっと。
個人的にLOが時々打ち出す「3次の代用としての2次ロリ漫画」という主張に関しては諸手を挙げて賛同はできかねるんだよなあ。いやさわかるんですが。
っと、ここはそんな事を書く場所じゃなかった。ロリコンを語るな。ロリータを語れ。
まあ一つだけ言えるのはLOを剥き身で持って外歩くな。

今月はなんとオオカミうお先生がいない! Noise先生もいない!
そして来月はバーぴぃ先生もお休みらしいので、いよいよ1年以上の皆勤賞は上田裕先生のみになってしまいそうです。
あれ、誰か忘れてる気もする

ではでは今月号感想いきます。
概ね当たり号。85点くらいです。

おおぬまひろし「夏のおわりのビーズ玉」
カラー4ページ付き。カラーとモノクロで目の大きさが違うのは気のせいでしょうか。
いつもよりちょっぴり大人びたおおぬまロリっ子と、いつものように涼しげなワンピースで、いつもとは違うメガネ着用で、いつものようにラブラブえっち。
4年生で11歳ってところに突っ込むのは野暮……ですよね。
待望のLO初単行本は2月19日です。漫画家暦20年ってそんなにすごい人だったのかこの方。
いつぞや発狂していた方、おめでとうございます(下の方参照)。


月吉ヒロキ「少女達の茶道ism」
部長の回です。都ちゃん単独の回はまだですか。
そして次載るのいつになりますか。
これ書くと「またそれか」と言われそうですが言います。
おっぱいを丹念にいじっていて良かったです。
またそれか。

上田裕「ちんことおはなし」

我々はこの馬鹿なタイトルと無駄にオシャレなロゴを知っている!
というわけでまさかのシリーズモノでした。前作とは別人(やや上の方参照)。
なんだこの華稜学園初等部も驚きの乱れた学校は。
さあさあ前作にも増してドSというか、羞恥プレイというか、なんかちょっとおかしい少女攻めの開始です。
「ちんことおはなし」というよりは「ちんこがおはなし」じゃなかろうか。
久し振りの上田節も絶好調。
「おちんちんの女の子です……」これは流行る!
今日からちんこのことリリアーヌちゃんと呼ぶことにします。明日にはやめるけど。(現在23:00)

あと突っ込みたいところが4箇所くらいあるたちばな書店の広告おめ。
自分EB110SS先生の頃からくらいしか知らないんだけど、その前誰だったんでしょ。


佐々原憂樹「ちりょう。」
今月のアナル担当かつ方言担当(九州)。「おしりにおちんちんげな」。
なんだ毎月方言もの誰かが書く決まりでもあるのかLOは。


MOLOKONOMI「幼女と温泉へいこう!」
これも書くと「またそれか」と言われそうですが、せーの。
「風呂ロリにハズレなし!」
またそれか。
そしてまたおじいちゃんですか。MOLOKONOMI先生の描く男性はイケメンかキワモノかどっちかにかたよりすぎですがな。
泡描写がちょいと粘性高すぎるあたりは好みではありませんでしたが、いじり濃度も高く今月もエロエロな雰囲気256%でございました。
初単行本は5月28日ともう少し後ですが、古き良き時代を知るロリコンさん達に優しい一冊となりそうです。
まさしく平成にんふらばぁ的な。


スミヤ「オハナシ」
わーい。いつもより女の子がちっこい!
「小さい」とか「幼い」じゃなくて「ちっこい」! かわいいのう。
恥ずかしがり屋の羊さんと優しい狼さんのラブラブなオハナシでしたとさ。
オハナシはいつだってハッピーエンドが一番ですね。YMOのHAPPY ENDって全然ハッピーじゃないよね!


mogg「なつきちゃん☆オーヴァドライブ」
ちょっと鬼束先生っぽい絵柄(ぱんつとかが)の新人さん登場。
ホームページ見たときはその独特な感性にどんなもの投げてくるのか不安でしたが、蓋を開けてみたら意外と普通でした。
この先キバをむいて来る事はあるのでしょうか。要注目。


姫野蜜柑「ろりるれろ」
わあ、わあ、わああああ。
もう、やばい。かわいい。かわいすぎる。
珍しくおしとやかな子が今回のヒロイン……かとおもいきや、2ページ目でいつもの調子になりましたとさ。
いつぞやのNoise先生のも良かったけど、酔いどれロリっての一つのジャンルとしてアリなのではなかろうか。
ギャグセンスというかセリフのセンスが無いと難しいものだろうけど。
もちろん姫野蜜柑先生にはうってつけのジャンルです。いつもみんな酔っ払ってるようなもんだしな!
今月の突っ込みどころ
・いつまでそのみかん乗っけてるんだ!
・ちんこを支えにするな
・おっぱいなめながら電話するな
いやー面白いわーやっぱり。
ぜひとももじもじモードでのえっちも見たかったです。


あわじひめじ「因果鉄道のロリ」
あわじ先生もラーゲって言った! 「かぐわC」とかRJも飛び出してます。
もう色々な意味でやりたい放題ですね。何が強姦18きっぷだ。♪れいぱーれいぱーずっぽっずっぽ
姫野蜜柑先生とある意味スタイルは同一のものなのではなかろうか。アプローチは対極だけど。
読者のツッコミをもって初めて完成される作品というか何というか。
いやあわじ先生のは突っ込みを入れる余地すらないのですが。
どうなんだろ。何か毎月書いてる気もするけど、これでいいんだろうか本当に。
面白いのは確かなんだが、いいのかなあ面白がっちゃって。
いやレイプを面白がるとは何事だ!とかそういう意味じゃなくて。
そもそも陵辱苦手な(と言いつつ冴樹高雄先生は大好きな)自分がこの泣き顔がたまらんぜぐふふみたいな楽しみ方を出来ない中、こういうところだけ楽しんで本当にいいんだろうか。
いいよね。うん。


バー・ぴぃちぴっと「巫女島最終日」
きれいはきたない。いや、逆か。
歪んだ価値観が「普通」だった巫女島が、どのような終わりを見せるのか……?
巫女島の巫女達が本当に幸せかどうか、巫女島は悪なのか、それは結論付ける必要ないでしょう。
多分巫女島には税金無いだろうからいいところなんじゃね?ってことで。
ともあれ、良いエンディングを迎えられてほっとしました。
少なくとも今回のヒロインと神様は幸せになれたんでよしよし。
巫女島よ永遠なれ。


うさくん「マコちゃん絵日記」
怒ってる多美ちゃんのお母さん見たいです。



MVLは上田裕先生で。久し振りに「らしい」作品でした。セリフ的に。
今月は総じて陵辱系が弱めだったかもです。
浦井民先生もかなり後味悪いですが、陵辱とはちと違うし、あわじひめじ先生はもう陵辱とは別の次元だし。MOLOKONOMI先生くらいでしたかね。

さあて来月はいよいよあかざわRED先生が登場の模様。あかざわREDにそりむらようじとか、この雑誌なんだっけ状態だ!
杉浦ちんぽみるく次郎先生もいるぜ! 次落としたら更に酷い名前になるのでしょうか。
個人的には姉浜彦佐先生再登場に期待。またなんだか不思議な雰囲気なものお願いします。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。