スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茜新社「COMIC LO 9月号」

おまんたせしますた(©子役dvd.comさま)。
発売日を大幅にぶっちぎりましたです。
いやー、よそ様のレビュー読んでから感想書くのって楽ですねー(こら)。

LO (エルオー) 2010年 09月号 [雑誌]LO (エルオー) 2010年 09月号 [雑誌]
(2010/07/21)
不明

商品詳細を見る

結論から言おう。
1年ぶりの大当たりだ!
まず厚い。コミケ前?なにそれ状態。
あと幼女。小川ひだり先生まさかの幼女。
そして行方不明。しあわせ1500先生、笑ってる場合じゃないです

めくればめくるほど名作が立ち並ぶ今号。
では各作品見てまいりましょう。

佐々原憂樹「ぬるぬる。」
脅威の肌色率90%超えフルカラー日焼けお風呂!
それだけだと「いつもの。」で終了ですが今回のエロさはどういうことだ。
密着度が高いからでしょうかね。夏ですしね、お風呂で暮らしたいですよね。

Noise「詰んデレ」第1話
地味に連載は初だったりするのでしょうか。
最近モチーフに趣味が入りすぎでいいぞもっとやれな感じです。「お前名前呼びたいだけだろ」という突っ込みを入れたくもなりますがw しかしその内本当に「とある相撲部屋のお話」書きそうな勢いですね。
というわけで、上半身裸で下ショートジーンズの少女っていいよね!
2年間上半身裸で下パジャマズボンうんぬん言い続けてきたけど……ひょっとして、上半身裸ならなんでもいいんじゃないのか、と今更気づいたかもしれないけど気づかなかったことにしよう。
新単行本の表紙ポップでいいなあ。早くカラーで見たいです。

小川ひだり「日曜日はふたりきり」

ますますつぼみが別冊LO化してきた気もするゲスト登場です。逆か。
よし、早く吉富昭仁先生をLOに連れてくるんだ。
で、まさかの幼女。
最近のLOの幼女枠はレベルが高すぎるので危険すぎます。どんどんストライクゾーンが下がっていくぞ。
Stack-Styleさんのところで画像を見てもらえば分かる通り(よそ様のレビュー読んでから感想書くの楽ですねー)この少女漫画ちっくなタッチが、こう、「え? 脱がせちゃっていいの?」という感情に駆り立てられて、どきどきしちゃいますね。
みはらじゅん先生の絵柄のエロさに通じるものがあるです。
申し分なくえっちでぷにぷにで幼女幼女していたのですが、ぷてぃ・あんじぇさんの指摘もある通り(よそ様のレビュー読んでから感想書くの楽ですねー)「おませという次元じゃない(笑)」「「歳相応」を求める人には向かないかも」という所は感じるかもしれません。
まあでも幼女要素のさじ加減ってのは非常に難しいところで、(精神的に)リアル幼女を描こうとすると話が進まなくなるという弊害があるんじゃねえかなと思いますんで、それはそれでいいのかも。その点クリアしてる姫野蜜柑先生は只者じゃないんだけどそれは置いとこう。
何にせよ非常にレベルの高いエロ幼女を投げてきてくれました。
ぜひともレギュラー化していただきたいですね。

いくさりゅうじ「imitation Lily」

で、偽百合ですか。
偽というか、えーと、男女だけど男の方は女装させられてる、と。「させられてる」あたりが前載ってたせきはん先生のとは違うところですね。
LO内ルールぎりぎりとか言われてもディープな読者でなければ「はぁ」で終わりますがな。
そんなこんなで複数女子から逆レイプされる女装少年といった感じの変化球でした。
今月はいくさりゅうじ先生の持ち味とも言える「絶妙な膨らみかけ具合」があまり堪能できなかったのが残念かなー。
いや、そんなことはどうでもいいんだよ!
やったねちゅーぶら!の奈由ちゃんのエロ漫画がついに読めたよ!
あまりの感動に初のLO本誌スキャン開始。
yukarisan.jpg
↑これがこの作品のユカリさん。
nayutyan.jpg
↑中田ゆみ先生の「ちゅーぶら!」より奈由ちゃん。

うん、似てる似てる。奈由ちゃんの方が幼いのはご愛嬌。
いや、パクったとか意識したとかなわけ無いだろうけど、何か感動した。
それだけです。


上田裕「花火を見よう」
久しぶりに「意味ある着エロ」の上田作品登場!
浴衣でおっぱいで見上げるフルカラー。
惜しむらくは着替えが一瞬で終わっちゃったところか。
浴衣は着てる最中が一番エロいンだよ!(何故かガフガリオン口調)
よし、今月分でエロ分は補給できた。次はかわいい分だ!

ほかまみつり「マイ・スイート・フレグランス」
おいィ? まだ1/4だと? 今月号どンだけだよ……。
今月のほかま先生はドロエロ担当。いつもに増してドロドロです。
お兄ちゃんの陰毛の匂いだけでイクとか、もう何がなにやら。
せっかく貧乳回だったのにちょいと女の子が大人っぽいのが残念ではありましたが、何だろう、こうストレートにエロいほかまみつりは久しぶりな気がして気になりました。

完顔阿骨打「眼鏡っ娘連合2 白糸葵」
これがベテランの余裕か。
もうね、こんな事言うと怒られるかもしれないけど、エロに入るまでの流れというか空気感が秀逸すぎる。
G-onらいだーす並みに意味の無い眼鏡っぷりとかw
何なんだろう。何でこんなに面白いんだろう。わからんw

ねんど。「なつきちゃんとなつやすみ」
忙しい人のためのねんど。
10ページにねんど。全要素を詰め込みやがったぜちくしょう。
上半身裸で下ショートジーンズの少女っていいよね!って……何これ、はやってるの?

スミヤ「ゴシック」
すごいの来たぜおい……。
エロ漫画マジおもしれえ。
エロ漫画でしか出来ないドラマがここにある。
最後のコマで感情がどばーっと押し寄せてきて、不覚にも涙が。
漫画読んで泣いたのはつい最近なんだけど、エロ漫画読んで泣いたのは……10年ぶりです。
10年前泣いたのはきのした黎「夏のたいむましん」。今読むと何で感動したのか分からないw
で、だ。
エロ漫画マジおもしれえところは、それでいて、エロいんだよな! 抜けるんだよな!
泣きながらおちんちんおったてるんだよな!
「額にキスしてください」とか言われて「では」と乳首吸うあたり最高だよな!
なんだこの他で得られない体験は。

源五郎「兄妹こんぷれっくす」
驚け、ようやく半分だ。身が持たないよママン。
あ、妖夢のおっぱいマウスパッドの人なのか(ひどい認識の仕方)。
そんなわけで前島先生のタッチを5割くらい萌え側にシフトしたような感じのニューカマーさん登場です。
ランドセルスク水セーラー上はだけとか、やりたい放題で楽しそうですね。
13歳でこの大きさというところが微妙にLOっぽくないですが、ぴょんっと飛んでキスするあたりがもう最高にかわいかったので次回も期待です。

浦井民「とおりすぎるなつ」
そういえばこっちも将棋部だったっけ。
うわあああ、なるほどなるほど、こういうお話なわけね。
とりあえず暗いお話ではなさそうなので安心です。
当人たちはいたって真面目なんだろうけど、それをこうして第三者視点で見ることのなんと愉快で滑稽なこと。
この傍から見てると面白い感は「きみといると」に通じるものがあるかもしれない。
エロ漫画の世界に入ってみたいけど、浦井先生の作品には入りたくないなあw

前島龍「ちんげまんげ!」
タイトル懐かしすぎ噴いた。
今月のパジャマ担当でしたが、下しか脱がないので残念……って、まあ生えかけが一応テーマだからしょうがないか。
自分も一度何となく陰毛剃ってみたことあるんですが、あれは生えかけ時がヤバイね。異様に痒くなる。
剃毛プレイはそこいら踏まえつつよろしくお願いします(誰にだ)。

EB110SS「FEEDING STATIONS ラストオーダー」

ラストオーダー略してLO。
無償の愛がロリータの最大の魅力!と常々言っている僕に対しての真っ向からのアゲンスト作品w
でもね、確かに彼女たちはお仕事で愛を売る風俗嬢なんだけど、基本優しい娘達ばかりだからこう、好きになっちゃうわけだ。
ああ、いかんなあ。風俗にハマる典型的なアレだなコレ。
中学の間しか体を売らない理由が何だか面白かったです。面白がっていいのかどうか分からないけど。
そしてこのオチである。いやはや、EB先生も作中の少女と同様に優しいいい人だ。何となくこの大家さんっぽいイメージw
実に夢と現実と夢に溢れた名シリーズでした。現実と夢と現実じゃなくて良かったです。

姫野蜜柑「ずっと一緒」
(1ページ目)うんうん、今回はどんだけ笑わせてくれるのかなー
(2ページ目)……はい?
どうしちゃったんですか一体。
(最終ページ)…………(嗚咽中)。
エロ漫画読んで泣いたの10分ほど前なんだけど! ねえ! ありえねえよ2回も泣かせるエロ漫画誌なんて!
なんだこれ。この1年間のバカ作品はまさか今月のための壮大な布石だったのか!?
改めて読むと、エロパートもいつもの馬鹿少女のようで一味違う。
なんだこれ。なんだこれ。なんだお前。
もういい、気になるところいくつかあるけど、余計な読み解きとかしないほうがいい。
素直に泣いとこう。
9/25発売の単行本のトリを飾……らないのかよ!
どうやら今回の単行本には収録されそうに無いので、今月号は買うしかないね! ね!

バー・ぴぃちぴっと「勝ち組の男」第2話
家電を風呂に入れるな(うわベタな突っ込み)。
しかしこう、なんでバーぴぃ先生の作品の「赤ちゃん」って言葉はこんなにも禍々しいんですかねえ。
何だかLOで連載すべき作品じゃないかもしれないですが、面白いのでよしとする。来月も楽しみ……って、次回予告に名前が無い!

うさくん「マコちゃん絵日記」
ありw



ふいー。
実は2回目の今月号感想だったりします。
1回目は電子の海の中に消えていったんだ……。
1回目の方がハイクオリティな事書けていた気もするけど気のせいということにしようそうしよう。

そんなわけで2009年8月号が性的に優れた号ならば、今月は漫画的に優れた号。
MVLは文句なしでスミヤ先生で。
掲載順の前後で姫野蜜柑先生になってたかも。惜しい!


ついでじゃないですが、LOデータベースっぽいサイトさんからトラックバック受けてたみたいなので紹介いたします。

LO専門ブログ!:エルオーなCOMICの新刊&最新号情報

いつからあったんだろう。作家別アーカイブが非常に便利です。
実は自分も感想とか抜きなこういうデータベース的サイト作ろうと思ってたことがありました。
すぐ飽きましたが。

Comment

No title

>下書き保存一回すると次からは自動保存してくれなくなるのはFC2ユーザーならみんな知ってるよね!
あるあるあるあるある;;

1年ぶりの大当たりとは…
これは今すぐ本屋へダッシュせざるを得ない・・・!

No title

いきなり関係ない話から始まりますが、自分は買える物は出来るだけ地元で買うようにしています。それが一番の地域活性化、不況脱出へ繋がると思っているからです。
先日の記事等も踏まえて、これは買ってみようと思ったのですが、田舎なので当然地元にLOなどない。なので本屋のおばちゃんに注文してもらいに行きました。
LOコミックスは置いてあるのに、「これあかねしんしゃって読むの?」とか、しまいには「2010って何?」とか本当に大丈夫なのかと心配になってしまいましたが、自分が「ネットの方が楽だけど、自分はここで買いたいんです」と言ったらとても嬉しそうだったので後悔はしていません。ああ、いい事をするって気分がいいなあ。

後悔はしていませんよ。でも、もし内容に不満が6割以上あったら、黄魔術士さんに適当に警官(またはサーファー)っぽいコスプレをして頂いて、自分が「この辱めをどうしてくれるの」と叫びたいと思っています。

長文だしネタ古いし。本当にこんなコメントでいいんですか?

何であなたたち公開日より前にコメントできてるんですか!

あ……その、ごめんなさい。

>>JAKEさん
今すぐ僕もくれよんちゅーりっぷ買いにダッシュして来ます。
3ヶ月くらい。

>>のさん
コメント公開ありがとうございます!
不満は55%くらい(うち50%がHNに対して)なのでセーフです!
あとは本屋のおばちゃんが裏表紙を見て警察を呼ばないことを祈るだけですね!

No title

と見せかけてコメントBの中の人です。
今日入荷してたまたま暇だったので、買いました。
裏表紙はどっちかというと自分の方がびびってしまいましたが…そこは巧みに「こんどはふりがなつけますね!」とか話をそらしてお縄にならずに済みました。
いやあ、LOを買うって、大変なんですねえ。

No title

いや、今月の裏表紙はたいした事ないですよ?
「時代は尿道!」とか書いてないですし。
今後ともLOによる地域振興頑張ってください!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。