スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cosMo@暴走P feat.初音ミク「初音ミクの消失」

すげえ、暴走Pすげえ。
初音ミクの消失 / cosMo@暴走P feat. 初音ミク(ジャケットイラストレーター:左 )【数量限定初音ミクの消失ストラップ付き】初音ミクの消失 / cosMo@暴走P feat. 初音ミク(ジャケットイラストレーター:左 )【数量限定初音ミクの消失ストラップ付き】
(2010/08/04)
cosMo@暴走P feat.初音ミクStoryteller(GAiA×cosMo@暴走P)feat.初音ミク

商品詳細を見る

同人CD「infinity」は持ってるので買わなくてもいいかな、と思ってたのですが、
メロンブックスで順番待ちしてるときについ手に取ってしまいました。
「infinity」持ってる人こそ聞くべきだよ、これ。
「初音ミク、再起動します!」で一瞬感動させたと思わせておいて、笑いが押し寄せてくるから。
でもちゃんとその後にはinfinityな未来が待ってるので安心です。

初音ミクの消失は知ってるけどそれ以上知らない人は、消失前と消失後のストーリーが曲になってますよ、と言えば、それだけで聞いてみたくなるよね。

以上予備知識ある人向けレビュー終了。
以下は予備知識ない人にも伝わるように頑張る詳細紹介。
予備知識無いとは言えども、さすがに初音ミクが何なのか知らない人(およびまったく興味がない人)には僕の力じゃこのアルバムを楽しませる事は出来ないのでそれくらいは、よろしくです。
でも一部の有名曲だけ聴いて「初音ミクの声キモイw」程度の認識の奴にはこのアルバム三日三晩聴かせ続けて体調不良を訴えさせてやる。初音ミクは有害です。


超高速ブラストビートに人間には歌唱不可能なラップと言うか何というか、とにかく初音ミクに無茶をさせることで有名な暴走PことcosMoたんがついにメジャーアルバムデビューです。メジャーアルバムなの? よくわからん。
有名曲「初音ミクの消失」を軸にボーカロイド界隈への疑問提起や毒とか萌えとか電子音とかBPM600超えとか詰め込んで、アルバム全体でひとつのドラマとなる、ちょっとサイバーパンクな初音ミクの暴走や消失や激唱を追ってみましょう。
ブックレットにはストーリー紹介もあるけど、どうかな。
まずは一度歌詞カードだけ見て通して聞いて、それからどんな世界だったのか、ストーリーを読みもう一度振り返ってみるのが良いかもしれませんね。特にTr8からの流れは、先入観持たずに聞いた方が面白いと思うので。


Tr.1「新世界」
ジャズっぽい高速ピアノ+暴れドラム+初音ミクスキャットで暴走ワールドへようこそ。
かっこいいんだけど、何かいきなり嫌な予感しかしないのは何故でしょう。

Tr.2「初音ミクとあそぼぅ!!」
これ、softalk使ってるのかsoftalk風にミクさんにしゃべらせてるのか、よく分かりませんがまさかの初音ミクとゆっくりの夢の競演!
2曲目からいきなり毒を山盛りにされた気もしますが、この先はこんなもんじゃありませんので御覚悟を。

Tr.3「A.I.」
おしるこに塩を入れるかのごとくなアルバム唯一のゆったりバラード。
しっかり休んでおけ、おそらくこれが最後の休息となる……。

Tr.4「初音ミクの暴走」
というわけでBPM急上昇で代表曲が大暴走!
おなじみの高速ラップもついに登場!

ほっぺたぷにぷに
つるぺたつるぺた
あいつはいわゆる
ろりこんわーるど

どうしてこう意味がよく分からないけど一度聞いたら忘れられないライムを紡げるのかなあもう。

Tr.5「初音ミクの戸惑」
消失前夜。
消失と違い暗さしかないなあ。
そしてこれ、ボーカロイドの歌ではないとも読めちゃうのよね。
うん、綺麗な鬱ソング。

Tr.6「初音ミクの分裂→破壊」
ぴこーん。無双三段!
とか脳内で映し出されるラスボス戦っぽい出だしは投げっぱなしのまま
音楽的に謎の展開を繰り広げられるよくわかんない曲。
歌詞も分かりやすいようでよく分かんない。

Tr.7「さよなら常識空間」

終わりの始まりを迎えるための、始まりへの回帰。
回帰するのでスーファミっぽい前曲からファミコンっぽい曲になっちゃいましたw

Tr.8「0」
自分の暴走Pとの出会いとなった一曲。、いやさ、初めて聞いた初音ミクの歌かもしらん。
ゆえに一番好き。
超高速電波に乗せて起動前の初音ミクテストモード。
テストモード中なので一切の手加減も小細工も無し。
限界まで高速展開! かっちょいいなあ。

Tr.9「初音ミクの終焉」

ミクを捨てに行く。
割と近い未来の歌、と思われていたけど、結構息長いね初音ミク。
アーケードゲームになるとか2年前聞いたらどう思ったでしょう。

Tr.10「初音ミクの消失」

「0」を初めて聞き「これが初音ミクか!」と感動し、知り合いのニコ厨に「他の聞かせて」と頼みCD-Rを作ってもらったのですが、結局気に入ったのは消失とロイツマだけでした、と今更告白。
そして消失を初めて聞いた時「初音ミクってネギ食べるために持ち歩いてるの?」とよく分からない質問をした。それを今、思い出した。
いや聞き取れたのが「ネギをかじり」とか「ネギの味は」とかそこだけだったから。
そんな思い出があります。だからどうした。
いや、もう、だって今更語るべくもない名曲でしょこれ。

Tr.11「Hyper∞LATiON」
本アルバム中最速曲!
「初音ミクの消失」が巻き戻され……
「初音ミク、再起動します!」
おお! これが消失の後の世界か!
「あははははっ☆」
…………これが、消失の後の、世界か……。
もう笑うしかないね。大好き!

Tr.12「∞」

同人CD「infinity」発表当時はこれ(何だかわかんないけど、捨てられもしなかったし壊れもしなかった)がオチになっていたのですが、本アルバムではまだまだ通過点。
というわけで「infinity」持ってる人こそ聞くべきだよ、これ。
ストーリー部分がネタバレと言うか、ああ、最後の「ボクの名前を読んでいる VOCALOID」って、そういう意味だったのか、と気付かせてくれるものになってます。
そうして聞いてみると。実に悲しい。
一気に印象変わっちゃったなあ。

Tr.13「初音ミクの激唱」
「音ゲーのボス曲を作るのが中学の頃からの夢でした。」
……これでいいのかw
最高速の歌は一節6字から8字へ3割3分3厘増し。
だけど速さは感じない、エンディング曲おめでとう。
物語的なオチとしては……、まあ、こんなもんじゃないかなあ。

Tr.14「浅黄色のマイルストーン」
not浅葱。葱とあえて掛けなかった理由はよく分からん。
エンディングというよりスタッフロール的な感じかな。

以上14曲。

全部同じ曲に聞こえる?
それは言わない約束だぜ。

やっぱり「0」が好きだなあ。厳密にBPM計るとどうなんだかは知りませんが、これが最速のように感じる。
あと「Hyper∞LATiON」。一瞬だけの感動を返せw

暴走P本人が音ゲー好きだというのもありますけど、何かビートマニアで叩きたくなる曲ばかりな印象で、音ゲー曲好きなら(つーかwac好きなら)間違いなく楽しめるかと。
プロジェクトディーバでは二度と叩きたくないので今日もえれくとりっく・えんじぇぅやって来ます。
あとミュージックガンガン次回作に何食わぬ顔で入ってきそうでやめてお願い。
12/13追記:何食わぬ顔で収録確定ありがとうございました。
あと太鼓の達人で(もう黙れ)

Comment

No title

こんばんは。「初音ミクの声キモイw」程度の認識の奴です。
奇跡的に友人と一緒に買い物に行く機会がありましたので、これを見つけて「あ、ブログにあった奴だ」と友人に(むりやり)買わせて一緒に自宅で聴いてみました。
したがって雑談しながらだったので感想を言える資格はないかもしれませんが、確かに所々ニエンテぽかったりコスモポップぽかったり…まるで音ゲーのような、音が詰まった曲が多いのが印象的でした。
そして、自分がろくに聴きもせず持っていた初音ミク曲に対するイメージを1曲目でいきなり粉々にされたので驚きました。やっぱり初音の歌声は余り好きじゃありませんが、アンチ初音の自分でも十分楽しめる出来だと思いました。
音に集中するタイプなので、ストーリーとかはよく分かりません。ごめんね。

今後は1000円出して、CD所有権は私が戴こうと思っております。

No title

ミクさんは歌わせないのが正しい使い方だと思うんだ。
ミクノとかミクトロニカとか、探すと色々面白いものありますんで、先入観持たずにみっくみっくにされてみてください。http://magicalyellow.blog44.fc2.com/blog-entry-184.html ←この辺参考にしていただければ幸い。
今度は是非ブックレット眺めながら聞いてみてくださいな。

今聴いてます!!$

初音ミクの消失*

No title

じゃあ俺も聴く!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。