スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッパーズ・ストップ「絶対的人狼」

ステッパーズ・ストップさんが新ゲーム公開したので紹介。
その名も「絶対的人狼」!
jinrou4.jpg

過去のステスト作品紹介はこちら。まずはたゆめ。話はそれからだ。

jinrou5.jpg
一人用人狼です。プレーヤーには「絶対に噛まれない村人役」があてがわれ、村人を勝利へ向かわせます。
「論理的に解ける人狼」を作ろうとしたのでしょうか。
現在は後半戦に運ゲー要素もありますが、なるべく運の要素は排除したい(ただし100%論理で解けるゲームにはしない)との方向でバージョンアップを予定しているようなので楽しみです。

jinrou2.jpg
もちろんポーン節満載なストーリー&グラフィックも存分に楽しめます。
ストーリーが気になるけど、運ゲー要素に阻まれ、まだクリア出来ません。
このあたり名作「少女と囚人のトラウマ」に近いものもあるかもしれませんね。
あれは運ゲーだからいいものなんだ。

おおっと。まずは「人狼」について説明した方が良いかもですね。
元々はパーティーゲームらしいんだけど、リアルでやってる姿が想像できないんで、ネット上のゲームと言う事にします。……どうやるんだろう。リアル人狼。
詳しいルール説明は省きますが、村人チームと狼チームに分かれ、
参加者全員(村人・狼合わせて!)で相談して1ターンに1回、誰か1人を吊るし(=ゲームから除外)、
狼側は1ターンに1回、誰か1人を噛み(=ゲームから除外)、
これを繰り返す事で、最後に生き残った陣営のチームが勝ち、というゲームです。
当然「吊るす」ときの村人と狼との知恵比べがミソになるゲームですね。
村人側には特殊能力を持った人もいるのでそれを絡めた術策権謀が傍から見てる分には楽しいです。
詳しいルールはこの辺読んで人狼BBSのログでも見れば何となく分かると思います。
実際に参加するのは半年ROMれとは言わんが、1ヶ月くらいはROMって作法とか専門用語とか勉強してからの方がいいかな。

自分は亜流となる「ひぐらし人狼」にちょこちょこ参加してました。
こっちは役割がはっきりしているので初心者向けかもしれません。
ひぐらし知ってないと何も面白くないと思うけど&役割がはっきりしてる分、人狼の肝となる部分がオミットされているので本家に親しんでいる人には物足りないけど(その分独自の推理があって面白い)&ロールプレイ必須なんで痛々しいけどw

ま、とりあえずこのゲームやればおおよそのルールは把握できるはずです。
人狼自体は傍から見てる分には面白いゲームなので興味がありましたらどうぞ。


有名ゲームなんでモチーフにした漫画とかも色々ありますね。
WEB漫画ではそのものズバリなタイトルの「汝は人狼なりや?」とか。
エログロ注意。オチ投げっぱ注意。
人狼部分以外が面白すぎるのが良くないと思うw

あとはDoubtとか、(リンクも貼りたくないくらい駄作。)

基本的に論理ゲームのはずなんだけど、
モチーフにするにあたり「疑心暗鬼」というテーマが使われがちなんだよねー。あと無駄なグロ。そこがちょいとなー。
いやさがっちがっちの数学ゲームにしたら何も面白くないんだろうけど。

そうそうそう。ニンテンドーDSの「DEATH NOTE キラゲーム」
DEATH NOTE キラゲームDEATH NOTE キラゲーム
(2007/02/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る
これは色々な意味で地味に面白いので、安ければお勧め。

そんな感じで今日も人を騙しながら吊るし上げていこう!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。