スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期のほかまみつりのお話

自分の無知さ加減にはほとほと呆れ果てる毎日。
ほかまみつりって初期の頃は全然巨乳描いてないんだ!

なに知ったような顔で「古くからのほかまファンには物足りない」だよ。
あー、もう恥ずかしいわあ。

いやさ、1st単行本「みんなの登校日」に収録されている「君はタンポポ」前後編がすごくて……。
ロリ漫画史に残すべき1作だあね。
特に何の変哲もない教師と生徒のラブラブものかと思っていたら
あわわあわわな前編ラストコマ。
そして怒涛の後編スタート。
うわあああああ。まあ、うん。
ですよねー。
俺の最も嫌いな「いらんリアルを詰め込んだ無駄に暗いロリ漫画」かと思わせておいて
まさかまさかのどんでん返しラスト。
これは、すごい。
個人的趣味からは外れちゃうのでレビューはしないけど。

今でこそただひたすらに巨乳の女の子といちゃいちゃする漫画ばかりですが、
この頃はストーリーというか問題提起というかロリ哲学というか、色々やってたんですな。
ああもう、谷山浩子ファンのロリ漫画家に悪い人はいないよね!
いや、ファンかどうかは知りませんが。というか曲名拝借のラインナップがいちいち渋いな。
「風を追いかけて」や「しっぽのきもち」とか「水玉時間」はそこそこメジャーだからいいとして
「おさかなは、あみの中」とか渋すぎる。
かえれー↑かえれー↑かえれー↑。かえれー↓かえれー↓かえれー↑。

「鳥籠姫」って何度エロ漫画のタイトルに使われたでしょう。
いやまあ偶然かぶるフレーズかもしれないけど。

単行本全部揃えたらちょこっと変遷の考察でもしてみようかな。
何故ほかまみつりはロリ巨乳作家になったのか?
他の掲載作との兼ね合いもあると見た。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。