スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセンション カードレビュー コモンカード

というわけで、まずは皮切りとしてどんなセットでゲームを始めてもゲームに追加されるコモンカードの解説から。とはいえ書く事あるのかな……。

カード名(和訳)
☆→ゲーム終了時に加算される得点
コスト→獲得するために必要な△、モンスターの場合は倒すために必要な○
△→ルーン、英雄を獲得するために必要なポイント
○→パワー、モンスターを倒すために必要なポイント

序盤優先度→ゲームの序盤(7ターン目くらいまで)に優先して取るべきかどうかの個人的評価
後半優先度→ゲームの終盤(デッキが出来上がってきてから)に優先して取るべきかの個人的評価
個人的評価→総合評価



Apprentice(弟子)
☆0 コスト0
IMG_0465.jpg

△+1

序盤優先度 0(そもそも獲得できない)
後半優先度 0
個人的評価 ☆

これとMilitia(民兵)は初期デッキとして与えられる以外では獲得する方法がないある意味レアカードですが、だからといって大切にしておく必要は全くありません。必要なカードが揃ったらとっととVoidカードの能力でBanish(ゲームから除外)しちゃいましょう。
あ、もちろんゲーム最序盤では大いに役立ってくれます。
というか役立たせるよりほかありません。

なお基本的なことですが最初に与えられるデッキはこの弟子が8枚と民兵が2枚。
つまり初手が弟子4民兵1だった場合、次のドローも弟子4民兵1になるわけですし、初手が弟子3民兵2なら次は民兵5でコスト5カードが購入できるかもしれません。
ドミニオンと違って5金以上から劇的に強いカードが増えるよ!というわけでもないのでそれほど重要ではないかもですが覚えておくと便利かも。そうでもないかも。

Militia(民兵)
☆0 コスト0
IMG_0466.jpg

○+1

序盤優先度 0(そもそも獲得できない)
後半優先度 0
個人的評価 0

Void送り第一候補の民兵くんの登場です。このゲーム、一番弱いモンスターはプロモカード除けば狂信者の○2。つまり一人だと誰ひとり倒せない悲しき一般人です。
ドミニオンの民兵はあんなに強いのにどうしてこうなった。
あとパワー1点欲しい!の時に引けると嬉しくなる……かもしれませんが、たいていはあと1ルーン欲しい!の時にこいつが現れてピキピキとくるシチュエーションを目にするはずです……。

Mystic(秘術士)
☆1 コスト3
IMG_0441.jpg

△+2

序盤優先度 ☆☆☆☆☆
後半優先度 ☆☆
個人的評価 ☆☆☆☆

いれば安心ミスティック姉さん。上位互換カードも多くコストパフォーマンスも決していいとは言えないのですがなんといってもいつでも買えるコモンカードなのが最大の売り。
まずは姉さんを集めて来たるべく戦に備えるのがこのゲームの王道。まさにアセンションの主役です。

Heavy Infantry(重装歩兵)
☆1 コスト2
IMG_0442.jpg

○+2

序盤優先度 ☆☆☆☆
後半優先度 ☆
個人的評価 ☆☆

弟子のグレードアップバージョンがミスチーねーさんなら、民兵のバージョンアップがこのアーマーナイトさん。
ねーさんがコスト3なのに対しこちらはコスト2とお得に見えます。が、△と○と、どちらが使う局面が多いかと聞かれれば△なわけで。
個人的にはパワーを高めるのは他の英雄や武器に任せるべき派なのでそれほど重要視せず、買えるシチュエーションでもスルーすることがしばしばなのですが、序盤モンスターだらけで身動き取れないぞって時は取りに行きます。一度取ると決めたら中途半端に1枚だけ抑えるとかにせず4ルーンなら2枚取りとかしっかり方向性を定めておきたいですね。
なお、最終局面においてはコスト2で☆1が(iPhone版なら)無限に買えるという性質上一気に沢山お持ち帰りしてゲーム終了を待つなんてこともあり。

Cultist(狂信者)
○2
IMG_0443.jpg

倒すと☆1

序盤優先度 ☆☆☆☆
後半優先度 ☆☆☆☆
個人的評価 ☆☆☆☆

コモンカード唯一のモンスター。倒れても倒れても何度でも起き上がる不倒の精神を持つ信者さん。
そう、場に出ているモンスターは当然一度倒すとゲームから除外されるのですが、こいつはコモンカードなので何回でも倒せるのです。
倒した時の見返りは最低なので評価は難しいのですが……余ったパワーを点数に変換してくれることに感謝の意を表明しつつこの評価で。もちろん他に倒せる奴がいるならそちらを優先ですよ!
しかし終盤10点以上余ったパワーでこいつを5回殴る時のむなしさったらない……。


以上コモンカードの説明でした。
次からはまずは基本セットのカードを属性別に見ていきましょう。
英雄やコンストラクトは4つの属性に分かれており、

Enlightened(白):カードドロー、モンスター直接撃破に長ける。ナイトとかそんな感じ。
Lifebound(緑):△獲得、直接☆獲得に長ける。あと群れると強い。妖精さんとかそんな感じ。
Mechana(黒):全体的に器用貧乏だがコンストラクトが揃った時の威力は絶大。コンボ型。ロボとかそんな感じ。
Void(紫):○獲得、カードの除去に長ける。魔法使いとかそんな感じ。

と、いった特徴があります。
というわけで次はエンライテンドのカードレビューを。

アセンション楽しい…ヤバイ…へへ…

ご無沙汰してます。すっかりモバゲ廃人となり音ゲーからも遠のき、エロ漫画もほとんど買わなくなってしまった今日このごろのY-MAGさんです。あ、少女のおっぱいは相変わらず好きです。
最近の戦果:出動!美女ポリスイベント11位
最初の頃はソシャゲなんてゲームじゃないっしょと思ってましたが、つまるところWizardryやディスガイアシリーズあたりと本質は一緒なんだよね。ぽちぽちとひたすら上がっていく数値を見るのは楽しいのだ。

以上近況。
今回は全くそれとは関係ないボドゲの話。

3ヶ月くらい前かな?ドミニオンというカードゲームにどっぷしはまってましてオンラインでひたすら徹夜対戦したり一人用ソフトでひたすら徹夜腕磨きしてました。
残念ながらリアルでのプレイ経験はないのですがリアルでやったらシャッフルが面倒くさそうなのでこれはコンピューター向けかなーと。
今回紹介するアセンションはそのパクリ流れを汲むゲームです。

iPhone版はこちらから
現在基本セット450円、拡張パックが第一弾250円第二弾350円、プロモカード85円となっております。
一人用なら基本セットだけで十分遊べますが、オンライン対戦をやるつもりなら全セット購入が無難かも?

ドミニオンがあいぽんあぷりで出るだの出ないだの半年くらいちゅうぶらりんだったのでそのつなぎとして何気なくアプリ購入したのですが、これが凄まじい熱中度! 電車での移動中はもちろん徒歩の際もついついプレイしてしまうくらいの危ないので真似しないように。

ではではゲーム説明。
アセンションは、ドミニオンを皮切りにここのところ隆盛を見せている「デッキ構築型カードゲーム」の一種です。これ以外では海外では「サンダーストーン」国内では「ハートオブクラウン」が有名でしょうか。

手札を使いルーンとパワーという2種類の数値を貯め、ルーンを使って場の英雄や便利なアイテムを獲得し、パワーを使って場のモンスターを倒し勝利点を獲得していきます。
獲得したカードはまずは自分の捨て札に置かれますが、自分のデッキがなくなったらシャッフルされてデッキに入ります。このようにして強力なデッキを作り勝利点をより多く稼いだ人の勝利となるゲームです。

ゲーム開始時には各プレイヤーに所定の10枚のカスカードがデッキとして渡されます。
そしてコモンカードとしてちょっと弱いけどお手頃価格でいつでも買える"ミスティック"IMG_0441.jpg
と"重装歩兵"、
IMG_0442.jpg
そして何度やられても蘇る悲しきサンドバッグ、"狂信者"くんIMG_0443.jpg
をセット。
さらに山札はデッキとは別にすべてのプレイヤー共通の物がひとつあり、ゲーム開始時に6枚めくって場の札とします。強いカードからなんじゃこりゃってものまで千差万別ですが、たいていは初期の10枚や上記のコモンカードよりは使えるものばかり。
この場の札は獲得されたり倒されたりすると即座に山札から6枚になるように補充されます。つまりめまぐるしく状況は変わっていく! 欲しいと思ったカードが自分のターンまで回ってくるかどうかのドキドキ感はドミニオンでは味わえない魅力と言えるでしょう。ドミニオンでは味わう必要のないいらいらとも言えるけど。
あとは各人自分のデッキから5枚カードを引いてゲームの準備は完了、ん、まああいぽんアプリでやってるので一瞬で終わりますが。

ではここからは実際のプレイ画面を見ながらどんなものか見てみましょうか。

IMG_0444.jpg
手前のなんかびっくりしてる5人がこちらの手札。1枚で1ルーン出すしか能のない貧弱な”弟子”くんです。

IMG_0445.jpg
さっそくどばっと5人ともプレイ。☆120Round1の右の△が5になってますね。これで5ルーン獲得できたのでこれを使って場の英雄を仲間にできます! カードの右上に書かれているのが必要なコスト。緑色に光ってるのが獲得できるサインです。なお、赤いカードはモンスターで、これを倒すにはパワーという別のコストが必要になるわけです。

IMG_0446.jpg
では魔女影さんを獲得しましょう。序盤に取れればものすごい活躍を見せてくれる一枚です。

IMG_0448.jpg
2ルーンあまってるのでボイドイニシエートも獲得、マナさえあれば1ターン中の購入制限はないのです。banishとはゲームから除外すること。この手のゲームをやったことのある方ならご承知のとおり、いらないカードをどんどんデッキから抜いていく「圧縮」戦術はやっぱり強い!

IMG_0449.jpg
1ルーン残ってますがもう買えるものがないのでターンエンド。2ルーンで買える重装歩兵を買ったほうがよかったかな? ターンが終わると残りの手札は全て捨て札に送られ(つまり基本的には毎ターンカードは使い切ったほうが良い)デッキから5枚ドローします。最初のデッキは10枚なので3ターン目から今獲得した英雄たちが使えるかもしれませんね。
と、こんな感じでお互いにデッキを強化しつつモンスターを倒しながら得点を稼いでいくのです。実は個人的にはモンスター放置でごりごりそれ以外の得点を稼いでいくほうが好みだったりするのですが……。

IMG_0450.jpg
ゲームは進みコンストラクトと呼ばれる便利アイテムも獲得できました。英雄は出したターンのみの使いきりですがコンストラクトは一度出すとその場に残り、毎ターン様々な恩恵をもたらしてくれます。こいつは黒コンストラクトが場に出るたび1ドローできるなかなかのスグレモノドリル。

IMG_0457.jpg
ドロー系カードは本当に便利。特にこのあしながじいさんことダルサ先生は取れば勝ちレベル。

IMG_0459.jpg
ドローカードを駆使すれば1ターンでこれだけのカードをプレイすることも不可能じゃないです。最初は貧弱だった10枚のデッキもなかなかの強カードで占められるようになってきましたね。序盤にモンスターをほとんど倒してないのでぱっと見の点数(☆の数字)では負けてますが、ふっふっふ。問題ない。点数はそれだけではないのです!

IMG_0462.jpg
場の☆が全てなくなったらそのラウンドをもってゲーム終了なのですが、獲得した☆だけではなく、デッキに入ってるカードの☆も点数になるのだ! 特にコンストラクトは高ポイントのカードが多く、効果が弱いからといって一概に使えないというわけでもないのです。というわけで圧勝!! ……まあCPU相手ですし。

当然全世界オンライン対戦もできます。現在は1vs1ならまあそこそこ対戦相手には困らない感じ。制限時間は10分から27日間(!!)まで。文通将棋みたいなものですかね。

なにが面白いかってやっぱりこう、徐々にできることが増えていくゲーム性でしょうか。最初はいくら頑張っても5マナまでしか生み出せず、場のモンスターは絶対に倒せないデッキがこう、どばばばーっと場を一掃できるまでに成長したときは感涙モノですね。

難点を挙げるとすれば対戦型ゲームなのに対戦相手に干渉する手段がほとんどないあたりかな。1vs1なら相手のコンボを止めるために特定のカードをカットする戦術も取れますが4人対戦だとそんな暇はなく自分の構築だけ見ていればいい的な。
あとこれは良し悪しですが運の要素が非常に強い。ドミニオンと違って何が買えるかはコロコロ変わるのでうまいことハマれば相手は何もできずにこちらだけおいしい買い物ができるなんてことも多々あり……個人的にはこれくらいの運ゲーはウェルカムですが!ってかそうか、それで負けたときキーってなってもう一戦!ってなるのか!


ドミニオンについてはボードゲーム大賞を取ったくらい有名なゲームなのでちょっとggればわんさか攻略記事が出てくるのですが、アセンションはいかんせんマイナーすぎでほとんど記事が出てこない。基本セットならいくつか和訳なりなんなり見つかるけど拡張版はほとんどお手上げ。なので自分用に全カードレビューなんかはじめてみようかなーとか思ってます。
絶対途中で飽きるけど。

フリーブラウザゲーム「カードコマンダー」

あけましておめでとうございます。
今年もよロリくお願いします。

元日早々マグニチュード7とかなんだかなんだかな幕開けとなっておりますが、私は何をしていたかというと、
10時間ぶっ続けでフリーゲームやってました。
一年の計は元日に……あり……?
楽天家の自分もさすがにこれでいいのかとちょっと自問自答連れ回しああああああああああああああ。

でも本能的に触れちゃって止めることができなかったそれだけ素晴らしいゲームなのです。
そんなゲームがこのカードコマンダー!

こちらからプレイ可能


ブラウザゲーですのでダウンロード不要ですし、もちろん途中でやめても再アクセスすれば続きが遊べます。

知ったきっかけは個人的にかなり信頼しているゲームなどなど批評サイト「ゲーム考察するよ!」さんのレビュー記事。
まさに的確すぎるレビューですのでこれを読んでいただければそれ以上何も語る必要はないような気もしますが語らせてください。

シンプルなゲーム性とありますが、うん、確かにシステム自体はシンプル。
1ターンにカードは1枚しか使えないし、クリーチャー同士のバトルもタイマン勝負。

ですが、カードの効果がどれも奇想天外摩訶不思議!
onnnakaizoku.jpg
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
俺はおもむろに相手のデッキから3枚ドローして手札に加えていた。
あまつさえ使ったカードはそのまま自分の墓地に入っていった……。
何を言っているのか(以下略)
ちなみにこのカード、色マナという概念が無いこのゲームでは普通に強いです。
(デッキ構築の際に二色までという制限があるだけなので、色を参照するカードを使わない限りは単色で組むメリット、というか二色にするデメリットはないのだ!)

普通こういうネタカードはコストが馬鹿高かったりするんですが、
sinkaigyo.jpg
何実用的なコストにしてるんですか。

今挙げた例は極端ですが複雑な効果を持つカードが本当に多い!
そしてそれらを組み合わせることでコンボを組み上げるのがトレーディングカードゲームの醍醐味なのは言うまでもありません。いや、このゲームなにもトレーディングしないですが。

いつごろから公開されていたのかは知りませんが、オンライン対戦は当然のようにガチデッキが跳梁跋扈しとりますので、まずはCPU戦でカードを集めないとね。
cputueeeeeee_20120102031506.jpg
ちょwww 待てwww 3ターン目で5/2先制とかwww 止めらんねえwww

と、CPUもかなりガチなデッキやコンボを使ってくるので気が抜けません。
むしろCPUから様々なコンボを学べると思われます。

自分のお気に入りの一枚はこれ。
jigokutyo.jpg
1コストにして墓地潤沢・カードサーチ・コスト相応の戦力と3つの役割を果たしてくれる優れモノ。
デッキから任意のカードを引っ張ってくるという能力がどれほど強いかはTCGやっている方ならご承知でしょうが、
キーカードを複数積みする必要がなくなる=それだけ1つのデッキの中での手数を増やせる
ということ。
代償は全手札と一見重そうですが、1ターンに1枚しかカードを使えないこのゲームでは実はそれほどのデメリットでもなかったりします。
power9!.jpg
カードドローも他のTCGに比べると破格のコストで出来るのだ。

もちろん潤った墓地も色々活用するわけで。
yuurei.jpganubis.jpg
hakamori.jpghakaara.jpg
初手地獄蝶からの幽霊2枚落としはそれだけでゲームを終わらせかねない破壊力。
……と、見せかけて速攻バーンにあっさりやられたりもするので面白い。


yuureiyasikide.jpg
これが現在使用中のメインデッキ「幽霊屋敷でクマごっこ」です。
デッキ名の元ネタが分かる人はお友達になりましょう。
(・(ェ)・)kamereom.jpg
ninja.jpgdemon.jpg
クマが幽霊を無限に食べたりデーモンが忍者ごっこをするデッキだよ。
弱いよ。
パターン入ると楽しいんだけどね……。いつもデーモンがステゴサウルスに食べられます。
sutego.jpg

コモンやレアと言った入手難易度の差は無し(たぶん)。
CPU戦でデッキ調整しているうちに必要なカードは揃うはず。
ただしいくつか特殊な入手方法のカードもあります。

長寿王:100回戦う
撃墜王:CPUを全員倒す
征服王:対CPUレーティング1751以上
蒐集王:カードコンプリート
青龍:CPU戦で相手のデッキが0枚時に勝利
朱雀:CPU戦で相手を5ターン以内に倒す
玄武:CPU戦で魔力20以上で勝利
白虎:CPU戦で相手の手札0枚時に勝利


syuusyuu.jpgふっふっふ。始めて12時間で全カードコンプリートしたぜ……。
(このエントリ書き始めた時は白虎(と蒐集王)だけ取れてなかった)


そしてこのゲームの最も神たる所以は「コメント機能」!
カードの評価コメントを投稿でき、その評価をほかのユーザーが評点してくれるのです!
coment.jpg
一見何に使うのか分からないカードでもこのコメント機能を覗いてみれば未知なる可能性に気づけたりしちゃいます。

そういうわけで、トレーディングカードゲームの醍醐味はやっぱりお気に入りのカードを見つけてそれを軸にデッキを組むこと!
非常にカードバランスが取れているのがこのカードコマンダーの魅力です。
どんなカードでも主力になれるだけのポテンシャルを秘めていると言っても過言ではないでしょう。
さあ、自分だけの嫁カードで勝利をその手に!





で、結局テキトーにゴブリン突っ込んだだけのデッキがめっちゃ強いのはなんとかならんのかね。
gobugobutositerintosita.jpg


追記:Wikiが何かすごい充実っぷりでした
すげー。市販ゲームでも普通はここまで深く考察されないぞ。
愛されゲームなんだねー。

アバラヤ「ペニーガール」

すごいフリーゲーム見つけた……。
http://abaraya2.my-sv.net/penny.html

penny01.jpg

以下ストーリー引用。


昔々あるところに
ひとりの貧しい少女がおりました

病気の母親を助けるために、朝に夕に働きますが
お金は少ししか集まりません

でも大丈夫
世の中には、親切な人が大勢いるのです

椅子に座って、引き金を絞る
必要なのは勇気だけ

心配しないで
神様はいつだって、あなたを見守っているのですから

- - - - - - - - - - - - - -

ジャンル:少女ロシアンルーレット




それだけ。
本当にそれだけのゲーム。
死ななければいつでもドロップアウトできますし、小銭を稼いだからといって何が起こるわけでもなし。
(一応オンラインランキングはありますが)

まさにフリーゲームならでは、と言える極北な内容のゲームでした。
いろいろ考えさせられ……るのか? よくわからない。
penny02.jpg
登場する少女は3人。
悲痛なことにみなさんとても可愛らしい。

エルミなう

EL2SS_110815_035014.png
なんだこのエロゲ。

相変わらずスターフィッシュ製WIZはイベントとか謎解きとか少なく、淡々と階段を下りていくだけのWIZなので飽きる時はあっさり飽きるなー。
ダンジョン数は半分でいいしイベント数は2倍は欲しいぞ。

というわけでそろそろマップ埋めるのだるくなってきたのでラストダンジョンに突入します。
Twitterで前情報得ちゃいましたが今回も
Щ( ゚∀゚ ) Щ( ゚∀゚ ) ←こいつら
が鬼畜な強さらしくて楽しみです。
とりあえず囮役マヨカルさんと契約しないと。

そして前作の頼れる兄貴、アークレナードのダンナは今回いないのかい?
補助魔法のスペシャリストという渋い強さが好きだったのに。

忙しくも無いのだが休みが無いそんな日々

とりあえず
エルミナージュ3神ゲーすぎワロスwww
エルミナージュIII~暗黒の使徒と太陽の宮殿~エルミナージュIII~暗黒の使徒と太陽の宮殿~
(2011/08/04)
Sony PSP

商品詳細を見る

今回も300時間は遊べそうです。
つーか難易度ヤベエ。
2個目のダンジョンで既にレベル11。で、それでも歯が立たないとか。
だって最初のダンジョンのB1(実質2フロア目)に錬金術最強呪文使ってくる敵が出てくるんですよ。ひー。

前作までのアイコンエディットや呪文名命名機能に飽き足らず、
今回は立ち絵エディットやBGM差し替え機能まで付いてるとか、もうやりたいほうだい。
おかげで冒険に出るまで2日かかりました。なんという贅沢。

相変わらず発売日延期したにもかかわらずバグは多目みたいですが、それを差し引いても十分な満足度。
例によってプレミア化しそうなので早めに押さえておく事をオススメします。

って、Amazon価格既にプレミア付いてたwww いつもの事ながら出荷数少なすぎwww

XTAL SWORD「エリィのアクション」

何となく買った同人ゲームが面白かったので紹介。
キャラがかわいいアクションゲームですね!
ea16.jpg


公式ページ(体験版あります。)
サークル名はくりすたるそーどと読むらしいです。


ea15.jpg
メロンを取られたので取り返しにいこう!
さあ、冒険の始まりだ!


ea14.jpg
!?



ea09.jpg
今のは気のせいに違いない……
さあ、今度こそ冒険の始まりだ!

にょき。
ea08.jpg
!?

ここまででニコニコ動画とかよく見る方ならピンと来たでしょう。
そう、人生オワタの大冒険とかI wanna be the guyとか自作マリオとかをリスペクトした初見殺し鬼畜アクションゲームなのだ!
製作者自身もしょぼんのアクションという初見殺しFlashゲームを作っていた経歴あり。
ネタはいくつかかぶっているので、こちらはプレイしない方が賢明かもしれません?

とはいえ、難易度はそれなりにマイルド。精密な操作を要求される場面も多くは無いのでストレスが溜まる事はありません。(ムカツキ度はMAXになるのは間違いありませんが!)

ea13.jpg
死にゲーという事で、主人公のやられざまも妙に多彩。
何故か服が破ける無駄なお色気とかもあり。

ea05.jpg
「行き先は入ってからのお楽しみ!」
どう見ても罠にしか見えませんね!
でも、見えている地雷を踏んでこそのゲームです。
ea04.jpg
ですよねー。




ea07.jpg
セーブポイントのフラッグ発見! これくらいの穴、軽くジャンプで……
孔明「今です!」

ea06.jpg
もうここまでお約束を周到していると逆に「さすがわかってらっしゃる」とニヤニヤしてしまいますね!



ea03.jpg
ああ、あからさまにあのダイヤモンドは罠だ……
でも取らずにはいられない!
(どうなるかはプレイしてのお楽しみ)



ea02.jpg
そんなトラップにわざとだったり不意打ちだったりで幾度と無く引っかかりつつも、ついにゴールに到達!
ea01.jpg
あ。



そんな感じの謎解き要素もちょびっとある死にすぎアクションゲームです。

ea12.jpg
ボス戦もあったりします。
もちろん正攻法では勝てません……(多分)。
ヒントは極上パロディウスのモアイ面。


ea10.jpg
初期残機は3機しか居ませんが、そんなことはまったく問題ありませんw


とにかく予想通りだったり予想外だったりするトラップの数々に笑い転げるのが正しい楽しみ方。
アクションゲームの得手不得手関係無しにオススメの一作です。
ドット絵もかわいいしね。
ea11.jpg
ちなみに自分はこのシーンは抜けれたんですが、この次の水の流れが激しいトゲトゲゾーンで詰まってます。
なお、同梱されているおまけzipに多分ステージのネタバレが全部書いてあるのでどーしても抜けられない箇所があっても大丈夫、なはずです。

先ほど引き合いにI wanna be the guyなどの名前を挙げましたが、精密な動作は(自分が進めたステージ4の中盤までは)必要とされないので、繰り返しになりますがアクションゲームが苦手でも大丈夫。
アイデアと不意打ちにニヤリとさせられる一作でした。

ロードオブヴァーミリオン日記

※記事数稼ぎのために過去に書いた没記事をサルベージの巻※


アンサー×アンサーが満席だし三国志も戦国もデッキ持ってきてなかったので、
2年半ぶりにロードオブヴァーミリオンやってみました。

2年半、うん。本当に稼動初期の頃ですね。サキュバスゲー。
悠久の車輪の方が面白かったのでこっちはすぐやめちゃいました。
アクション性のLoVか詰めパズル的な悠久か、でしたね。

で、いきなりこんなの引いちゃいました。
11-03-07_001.jpg
イッケブクーロ!
これを自慢したかっただけです。
多分もう二度とやらないw

噂ではM:tgともコラボしていて
セラの天使とかシヴ山のドラゴンとかニコル・ボーラス(何故)もいるらしいですね。
木立の守護者ネマタがいるなら引くまでやるんだけどね! 苗木大好き!
リストックネマタがマイデッキでした。リストックファイアが流行る前から使ってたんだからね!
自然の類似みなぎる活力とか早摘みとかでマナ浮かし→集団潜在意識でたくさんドロー→リストック(再供給)で回収→マナ溜めてネマタと苗木たくさん出す→次のターン皆で殴る
という迂遠なコンボ。ファイアボール撃つという発想は無かった青緑使い。
7版になってからは苗木対立やってました。みなぎる活力が基本セットから落ちて嘆いたのは多分僕だけです。
あー、森3つアンタップから砕土打って島2枚持ってきてカウンタースペル打ちたいなー。


※近々バージョンアップするみたいですねLoV。関羽がいるとか。正直どうでもいいです※
※あと悠久の車輪オンラインサービス終わっちゃったみたいですね……アーケードカードゲームの中ではゲーム性は一番優れていたと思うのですが……いかんせん設置台数が少なかったか……※

新年東方日記

※記事数稼ぎのために過去に書いた没記事をサルベージの巻※


新年おめでたいので霊夢で純STG全作品マラソン。難易度NORMAL。
ここ最近はぷらちねでぃすぽじてぃふさんの作品に浮気してたんで久々の東方。


紅魔郷:夢符(針)使用。チルノで1ミス、3面道中でボム3個抱え落ちで集中力切れた。4面道中で画面上部へばりつきプレイしながら終了。新年早々やる気の無いプレイだと反省。

妖々夢:夢符使用。4面までノーミス、4ボスで2ミスと上出来。だけど妖夢で5ミスwww悟入幻想嫌い。嫁に殺されるなら本望ですが。スワローテイルバタフライで終了。

永夜抄:霊夢単体使用。霊夢単体なんて使った事無いよ! 使い魔バリアが壊せないいいい! 慧音ってこんなに強かったんだね。スターダストレヴァリエで終了。改めて永夜抄はパターンゲーだと確認。いや一番好きですが。

風神録:ちょっと迷ったけど妖怪バスター使用。……予想通り無駄に前に出すぎて死にまくり。唯一の全キャラクリアできたシリーズなんで良い所見せたかったがなんちゃらかんちゃら神事(ナイフ投げまくるアレ)で終了。ボムゲー楽しいです。

地霊殿:一番嫌いなシリーズw 未だノーマルクリアしてない。



(ここで飽きたようです。1/1の俺。)

東方Project新作発表!

公式ブログ

つい1時間前に発表されました東方新作。
その名も「東方神霊廟」(とうほうしんれいびょう)!
いよいよ本格STG第3ループ目の幕開けですね。

なんと言っても気になるのはプレイヤーキャラ!

主人公は霊夢と魔理沙のいつもの二人と、神霊を有効利用しようとする早苗、管理外の神霊を処分しようとする妖夢の4人です。


みょん!
みょんみょんみょみょんみょん!!!!
みょーーーーーーーーーん!!!!!!!
ちょっとボーイッシュになった?

画面写真見ても謎の「143.5」以外は至ってスタンダードな作りに見えますね。
前作のUFOみたいななんじゃこりゃってのは無いですが……はてさてどう展開するのやら。
右側の自機とかの情報欄は星蓮船っぽいフォント。これかっこ悪いから昔の方がいいんだけどなー。明朝体で「スペルカード」とか「グレイズ」とか書かれてるの、何かダサい。

ともあれ楽しみ楽しみ。
3/13の例大祭にて体験版頒布の模様です。いつも通りなら夏コミに製品版か?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。